西野亮廣がテイラーバートンの絵本へ今後の動き語る

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年3月19日

【テイラーバートン(第3稿)】

もっともっと文章をスッキリさせたいです。

「こうした方がスッキリ(短く)なるよー」

【先々、出版する絵本の方向性】

2019年春発売予定

『ほんやのポンチョ』

…この作品は「ポンチョのある一日」という感じにして、テレビ版『サザエさん』のように、第2弾以降は脚本家を募集する。

つまり、僕は『ほんやのポンチョ』に関しては、脚本家からも、イラストレーターからも卒業して、完全な絵本監督になる。

「西野は何もしてねーじゃねぇか!」と2000%炎上するが、構わない。

この世界に『絵本監督』という職業を作る。

2019年夏or秋発売予定

『チックタック ~約束の時計台~』

…この作品はメガヒットさせる。

ライバルは『えんとつ町のプペル』で、音楽のアルバムでいうところの、勝負曲(バラード)。

これをメガヒットさせないと、この次の作品で実験ができないので、なんとしてでもメガヒットさせる。

2020年春発売予定

『テイラーバートン』

…たぶん、あんまり売れない。そんなことは分かっているし、絵本に不向きな作品だということも分かっているが、こういった挑戦をしないと、クリエイターとしての寿命が縮まるので、やる。

発売時期に合わせて、舞台『テイラーバートン』をやって、その舞台のグッズとして、絵本を売ると面白いかもしれない。

2021年発売予定

『???』

…『えんとつ町のプペル』『チックタック』を超えるメガヒットを狙う。

圧倒的バラード。

2018年3月20日
本は、発売の3ヶ月前からしか予約できないんだけれど、それってAmazonの都合であって、その作品の都合ではないんだよね。

たとえば、その作品に「発売の1年前から買いたい」というファンがついていれば、発売の1年前に売り場がないのは機会損失以外のナニモノでもないので、僕の絵本は発売の1年前から売り場を作って、予約を受け付ける。

早くに予約をした人への特典として『シリアルナンバー』を入れる。

一年間予約を取り続ければ、その本の初版の需要が見えてくるので、初版部数も決めやすくなる。

出版業界や、作家個人がやれることはまだまだある。

『ほんやのポンチョ』ほ目標は10万部。

なんとかする。

オンラインサロンメンバーで宣伝会議してーなー。

スケジュール探ります。

2018年3月21日

gallery『プペル』の開発を、オンラインサロンメンバーのMotoo Yuさんにお願いすることにした。

(レターポットも絡んでくるので、ヤン君にも入ってもらった。あと、ソルさんにも)

「雇用」といったら偉そうだけれど、こうしてオンラインサロン内で仕事が作れるのは本当にいいな。

僕一人でやれることには限界があるので、サロンメンバーに、どんどん仕事を任せたい。

『サーカス!』の運営を早く渡したいな~。

Motooさんへの応援レターはコチラ↓

元尾 優さんのレターポット | LetterPot (α)
元尾 優さんにレターを贈りましょう!レターポット(α)は、1文字5円で購入したポイントを使って、気持ちを伝えたい相手に手紙(レター)を贈ることができるサービスです。

感想:こんな前から先を見据えて動いているんですね。

入会ページのリンクはこちら→https://salon.jp/1hc1srjr-johu-o7eg-33xn-r8u88p2slizf

西野亮廣エンタメ研究所ってどんなとこか
まとめている記事があるのでまだ入ったことない人はチェックしてみてね。
   ↓↓↓
西野亮廣のオンラインサロンってどうなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました