明石家さんまと松本人志の戦い方を西野亮廣が!

今日、マネージャーの鮎川と呑んでいて、鮎川から「梶原さん、めちゃイケの
最終回スペシャルの収録で上手く前に出れなかったんですよねぇ…」と言われた。

聞けば、その収録では、ジミー大西さんや、野性爆弾のくーちゃんが活躍したそうな。

なるほどなるほど、そういう座組みか。

僕がMCならラストパスは、そこ(ジミーさんや、くーちゃん)に出すし、視聴者も、それを期待している。

つまり、その座組みに梶原を放り込んだ時点で勝負があったわけだ。

鮎川には、孫子(孫武が書いた兵法書)の一文を伝えた。

『善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり』

「戦い上手」と言われている人は、勝ちやすい機会をとらえて勝っている人……もっと言うと、
すでに負けている敵に勝っている人、という意味だ。

明石家さんまは、IPPONグランプリに出ないし、

松本人志は、もう作品を作らない。

つまり、彼らが勝っている理由は、そもそも勝ち戦しかしていないからに他ならない。

「爪痕を残す」というスタンスで仕事をしていない……と鮎川に伝えた。

そこから、話は更に深堀りした。

鮎川に話したのは、以下のとおり。

「たとえば僕が王(その場の支配者)なら、「爪痕を残す」というスタンスを美徳とすると思う。

そのスタンスで戦場に来てくれる人(挑戦する人)が増えれば増えるほど、僕の時代が長く続くので。

テレビ業界で大御所やその取り巻きのスタッフが作り出したマインドが、まさにそれだね。

梶原を勝たせたいのなら、「爪痕を残す」というスタンスで戦場に放り込んではダメで、梶原が120%勝てる戦場に放り込んで、
その上で梶原が戦っているように見せるのが、上手なマネージメントだと思うよ」

これは、芸能に限った話ではなくて、すべてのビジネスに言えることだと思う。

参考にしてみてくださいな。

レギュラー番組のMCの話を2本いただいたが、どとらも2秒で お断り。

ていうか番組MCは本当に難しい。

MCは、基本、話を聞き出さなきゃいけないのだけれど、聞き出したくなるほど面白い活動をしているタレントなんて、ほとんどいない。

(ハミダシターみたいなのは珍しい)

となると、MCの見返りは「露出度」と「ギャランティー」だけになってくるんだけれど、その二つともに興味がない。

「頼むから、テレビに出てくれ」と嘆くマネージャーの鮎川氏であった。

P.S

テレビはメチャクチャ好きです。

感想:この頃は須藤マネージャーじゃなかったんだね。

入会ページのリンクはこちら

西野亮廣エンタメ研究所ってどんなとこか
まとめている記事があるのでまだ入ったことない人はチェックしてみてね。
↓↓↓
西野亮廣のオンラインサロンってどうなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました