西野亮廣がスナック『キャンディ』の在り方と次の絵本のタイトルを!

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年4月2日

オンラインギャラリー『プペル』の開発画面(ラフ)です。

こんな感じで進めていこうと思います。

とにかくシンプルに。

要望があれば、今のうちに、お聞かせくださーい。

【深夜の呟き】

昨日、スタッフから「キャンディって儲かってるんですか?」と聞かれて、「知らない」と答えたら、腰を抜かされた。

※一応、オーナーです。

でも、本当に知らない。

知っているのは、ママが月に5日ほどしか働かないことぐらいww

店を作るときに、会社を作ったり、鬼のような内装工事をしたりして、そこそこお金を出したけれど、まるで問題ない。

まず大前提として、儲けたければ、他に方法はいくらでもあるわけで、そんな理由で
スナック『キャンディ』を作ったわけではないのと、あと、もう1つ。

べつに高価なお酒を並べているわけでもないし、週6で店を開けているわけでもないので、

たしかに、そこに『お金の移動』はあまり発生していないのだけれど、

あの場に集まり、

あの場で知り合い、

あの場に救われる人がいる時点で、

そこには確実に『価値』が発生している。

そういった“ボンヤリとした価値”はこれまでずーーーっと数値化されずに無視され続けてきたけれど、

今の時代は、その得体の知れぬ価値を『レター』やら何やらで数値化することができて、
なんなら、お金に変えることもできる。

それこそ、『キャンディ』のママの「しるし本」には、そこそこの値が付くだろう。

これからの時代を生きる人は、これまで数値化されなかったそういった価値を無視しちゃダメで、
ビジネス的な観点からいうと、そこにチャンスが眠っている。

たとえば、よく笑う人が現場にいると、現場の口数が増えて明るくなって、潤滑に回るわけじゃん?

よく笑う人には大きな大きな価値があるのだけれど、これまであまり光が当たらなかった。

たとえば、「よく笑う人が得をするサービスって、どんなのがあるかな?」ところから考えてみたり。

そういう話。

これまでスルーされてきた『価値』をリストアップすると、
面白そうなサービスはいくらでも作れると思います。

試してみてください。
2018年4月3日

【チョイ相談】

今、新作の絵本を書いています。

世界で最も大きな月が浮かぶ港町を舞台に、落ちぶれたマジシャンが奮闘する物語。

良いタイトルを探しているのですが、何がいいですかね。

候補で上がっているのは、

『マジックショー』

『マジック・イン・ムーンライト』

です。

月の夜に起こる奇跡の物語なので、タイトルに月が入っていたら、いいかなぁとか思ってます。

他に何か良いタイトルあります?

【業務連絡でーす】

昨日、販売した『ほんやのポンチョ』の看板枠ですが、とりあえず
『総合技術ソルテック』と『ライズ』は仮で入れさせていただきました。

のちほど、キチンとデザインします。

あとは、看板枠をご購入いたただいたのは4名。

世界観の都合上、できれば「漢字、ひらがな、カナカナ」でいきたいのですが、可能な限り対応させていただきます。

たぶん、ご購入いただいたのはサロンメンバーの方だと思いますが、看板名の希望はありますでしょうか?

入会ページのリンクはこちら

西野亮廣エンタメ研究所ってどんなとこか
まとめている記事があるのでまだ入ったことない人はチェックしてみてね。
↓↓↓
西野亮廣のオンラインサロンってどうなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました