西野亮廣がテレビに出演する条件とオンラインサロンの増やし方を!

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2019年1月31日

【ここ最近のあらすじ】

総工費15億円をかけて、兵庫県川西市に『えんとつ町のプペル美術館』を建設することを決めた西野亮廣。

「会社が潰れるから3月までは絶対にお金を使うなよ!」とスタッフにブチギレられながらも、
どうにかこうにか美術館の土地は購入したものの、肝心の“美術館建設費用”の調達はこれから。

はたして、一介の芸人が15億円もの美術館を建てることができるのか?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

おはようございます。

「時代を牽引する革命家」「天才」「カリスマ」と大それた紹介をされて、
「いやいや、そんなことないですよぉ~」といった謙遜を一切見せずに

、ありとあらゆる誉め言葉を全て受け入れてしまう男・キングコング西野です。

さて。

この時期になると、春からのお仕事の案件をたくさんいただきます。

その中でも、ウチのチームのチェックが一際厳しくなるのが「レギュラー番組」のお仕事です。

昨日も、ラジオのレギュラー番組をオファーをいただいたのですが、
マネージャー陣と話し合って、お断りしました。

やっぱり時間は有限で、『日本のタレント』として生きていくのであれば、レギュラー仕事は受けた方がいいですが、
世界を獲りに行くのであれば、“世界を獲りに行くだけの時間”が必要なので、毎週時間が削られてしまう
レギュラー番組のお仕事はなかなかお受けすることができません。

オンラインサロンなのでメチャクチャ生々しい話をしますが、『予算面』で考えてもそうですね。

僕は最低限の生活費を除いた収入の全てをエンターテイメントの制作費にブチ込んでいるのですが、

『1年間かけてラジオリスナーを楽しませてラジオの聴取率を取りにいく』よりも、『1年間かけてサロンメンバーを楽しませて、
サロンメンバーを1万人増やす』方が、その後、世の中に提供するエンターテイメントの規模が大きくなる
(エンターテイメントに投資できる予算が大きくなる)ので、僕らのチームは後者を選びます。

くれぐれも言っておきますが、これは僕らのチームがエンターテイメントで世界を獲る為に活動を最適化しているだけの話で、
「レギュラー番組をたくさん抱えているタレントさんよりも自分達の方が上だ!」という話ではありません。

「そもそもの『ゴール設定』が違う」という話ッス。

ちなみに、「日本のタレント」をやってしまったら、『えんとつ町のプペル美術館』を作ることはできません。

例外は、

①「その仕事が、圧倒的に面白い」

②「その仕事が、今の自分の活動の宣伝になっている」

③「その仕事を受けることが、友人の支援になっている」

で、上のいずれかに当てはまっていれば、レギュラー仕事であろうと、お受けするようにしています。

サロンメンバーの皆様には、

「なるほど。西野って、そこで線を引いているのね」

と思っていただけると幸いです。

世間の常識は『テレビに出ている=売れている』『テレビに出ていない=落ちぶれている』ですが、
世界を獲りに行く為に見なければいけないのは「露出量」ではなくて、「時間割り」ですね。

昨日は8月16日の舞台『テイラー・バートン』の話をさせていただきました。

8月16日の舞台を見れるのは、せいぜい400人ですが、今年は、ああいうソフトの制作に時間を割くと思います。

世界を回れるのはソフトしかないので(*^^*)

現場からは以上でーす。

入会ページのリンクはこちら

西野亮廣西野亮廣エンタメ研究所ってどんなとこか
まとめている記事があるのでまだ入ったことない人はチェックしてみてね。
↓↓↓
西野亮廣のオンラインサロンってどうなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました