西野亮廣が闇営業で芸能事務所2.0の在り方を!

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年4月19日

プペル美術館の庭に、この二階建てバスは「買い」だと思うんだけど、どうかな?

車内を鬼改装して、カフェにする。

フォトスポットとしても機能するし、工事中も、ここで「プペル美術館建築が見れるカフェ」を営業できる。

ちなみに、横浜港から川西までバスを運転できる人、います?

運転できる人がいれば、ついでに、横浜→川西のバスツアーもできる。

━━━━━━━

【詳細】

ロンドンバスの情報です。

車両は東海岸近くにあります。(東海岸~西海岸まで移動)

広告には102円で換算されますが、

現在の為替107円で換算しましますと車体価格495万円になります。

(為替変動で若干異なる場合がありますのでご了承下さい。)

USAからの船代、USAから横浜港 650,000円,USA、JPの輸出入諸費用 90,000円

輸入消費税 160,000円 合計 5,850,000(消費税含む) 横浜港渡し

車体価格495万円 の50%を頂き(約250万円)カルフォルニア ロングビーチ港に搬入された

時点で残金を頂きます。

船代、その他の経費は着払いになります。

ご検討の程よろしくお願いします。

但し 行き違いで売約の説はご了承下さい。

よろしくお願いします。  岩本

年式 1966年 デイーゼルエンジン 都内走行OK

【ワンポイントアドバイス(イラスト編)】

昨日、コメント欄に投稿したところ、意外と評判が良かったので、あらためて、タイムラインに投稿しておきます。

(※イラストに興味がない人はゴメンね)

現在制作中の絵本『ほんやのポンチョ』を例に出して、イラストを描く際の演出テクニックを少しだけ。

添付した画像は『ほんやのポンチョ』のワンシーン。

これまで売り物にならないと思われていた「ポンチョがついついメモ書きをしてしまった本(しるし本)」を見つけた少女が、「この本、面白い!この本には、あなたがいる!」と言う場面。

感情曲線がクイッと上がるところなので、それを演出する為に、事前に雨を降らせておいて、このシーンで雨を止ませます。

つまり、このシーンでは「雨上がり感」を出さなければならないわけですね。

では、どうやって「雨が上がったぞ~」という感じを演出すればいいのでしょうか?

画像を交えて、説明していきます。

(※一枚目の画像をクリックしてください)

【おはよー】

オンデーズさんの仕掛ける過去最大規模の『サーカス!』(8月1日)は、『西野亮廣エンタメ研究所』の課外授業(超実践編)として、このサロンメンバーで運営しようかと思っています。

美術の設営&撤収から、接客までをサロンメンバー100人でやる。

僕が現場で徹底的に、しごく!!

そして、エンタメの一線で戦える集団にする。

スタッフがやれる権&最後列の座席チケット』を5000円で販売しようと思うんだけど、どうかな?

2018年4月20日

最近、このオンラインサロンに入られた方も多いと思うので、最後に添付したニュースの真相について、あらためて説明しておきます。

去年(一昨年だったかな?)、ウチの事務所の先輩方が一丸となって、社長に「ギャラを上げてくれ」と直談判しにいったんです。

数時間の話し合いの末、全滅。

結局、ギャラは上がりませんでした。

皆で一丸となって直談判しに行くのは悪いことじゃないのですが(社長と話し合いをするとか最高!)、ただ、それって“雇われている側”の発想なんですね。

給料を上げてもらう時に考えなきゃいけないのは、“雇う側の事情”で、「給料が上げられないのには、給料が上げられない理由がある」という部分に目を向けなければなりません。

個人が個人の財布からお金を出してモノを買うように、会社も会社の財布からお金を出して社員やタレントを買っています。

つまるところ、自分を高く買ってもらいたければ(自分のギャラを上げたければ)、会社の財布に入るお金を増やしてしまって、“ギャラを上げられる状態”を作ってあげればいいわけです。

吉本興業の売り上げを極端に上げればいいわけです。

では、どうするか?

僕が目をつけたのは、吉本興業がこれまで回収(マネタイズ)できなかった部分。

吉本には今、6000人の芸人が所属(契約していないので厳密に言うと『所属』ではない)しているのですが、会社から貰っている仕事だけで生活できている芸人は数百人。

残りの5000人以上の芸人は、皆、アルバイトをしています。

つまり5000人分のコスト(時間)がアルバイト先に捧げられているわけです。

芸人が居酒屋でアルバイトをしても、吉本興業には1円も入っていません。

実に勿体ない。

早い話、吉本興業が6000人全員に仕事を分配できればいいのですが、社員の数には限りがあり、社員が取ってこれる仕事の数には限りがあります。

『仕事を分配しきれない問題』が起こっているわけですね。

そこで!

「6000人の芸人に仕事を分配するのはとっとと諦めて、6000人の芸人に仕事を取りにいけるプラットフォームを作ってしまって、そのプラットフォームの手数料で会社を回せばいい」とキングコング西野は言い出したわけです。

たとえば僕はよくクラウドファンディング(CAMPFIRE)のリターンで『講演会の権利』を販売しています。

ただ、その手数料はCAMPFIREさんに入ってしまっています。

僕はこれまでクラウドファンディングで1億2千万円ほどを集めているので、ザックリ計算、CAMPFIREさんに約2千万円を納めています。

ここが(吉本興業にとっては)勿体ないので、

もう吉本興業でクラウドファンディング自体を作ってしまって、6000人の芸人に、このクラウドファンディング上で“直営業”してもらい、その手数料が吉本興業に入るようにしちゃう。

吉本興業は、これまでどおり「会社が取ってきた仕事の売り上げ」に加えて、「芸人が取ってきた仕事の手数料」という二本柱で運営していく。

『芸能事務所2.0』ですね。

僕を育ててくれた吉本興業への恩返しは、この革命です。

現在、オンラインサロンメンバーでもあるソルさん(エボラブルアジア代表)達に依頼して、サイトを開発している途中です。

吉本興業が仕掛けるクラウドファンディング『シルクハット』は8月オープン予定。

企画第一段は、僕らの企画「民間の力だけで『えんとつ町のプペル美術館』を作りたい」です。

いきなり1億円突破して、話題をさらいます。

ま、そんな感じでーす。

(皆にはナイショだよー)

#Twitterで西野のオンラインサロンが面白いと呟いてくださるのメチャクチャ嬉しい

感想:闇営業問題前にすでに問題は改善されていたんだけどそのプラットフォームに芸人が気づいていないだけなんですよね。

西野亮廣エンタメ研究所の使い方はこちら

西野亮廣エンタメ研究所入会はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました