西野亮廣がえんとつ町のプペル美術館にかける覚悟

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。

2019年2月10日

【最近のあらすじ】

「オンラインサロンの利益は全額、エンターテイメントにブチ込む!」と豪語する西野亮廣の一世一代の大勝負は、兵庫県川西市に建設する『えんとつ町のプペル美術館』。

総工費は、なんと15億円。

勢いで土地を購入し、今年の春には、いよいよ地鎮祭も。

そんな中、西野が考える『えんとつ町のプペル美術館』に必要な“覚悟”とは……

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

こんばんは。

友達と旅行に行くと、サロン記事の更新時間が如実に遅くなるキングコング西野です。

今日は川西市民の足『能勢電鉄』さん御協力のもと、『えんとつ町のプペルVR@能勢電鉄』が開催されました。

能勢電鉄の車両を丸ごとジャックして、『えんとつ町のプペルVR』を上映。

朝から晩まで満席で、大盛況。

地元川西の皆様、御協力くださったサロンメンバーの皆様、本当にありがとうございます。

こういった一つ一つのコミュニケーションの積み重ねが『えんとつ町のプペル美術館』を作るのだと思います。

これからも本当に大切にしていきたいです。

引き続き、御協力の程、宜しくお願い致します。

さて。

『えんとつ町のプペル美術館』を作るにあたって、サロンメンバーの皆様に対して【15億円を支払う】という覚悟を見せたつもりですが、

一方で、地元の方に対する「徹底的に地元の方に寄り添う」という言葉に嘘があってはならないとも考えています。

つまり、「地元の方にも覚悟を見せなきゃいけないなぁ」と思っております。

地元の方に僕がお見せできる覚悟とは何でしょうか?

僕は、「西野自身が『えんとつ町のプペル美術館』の中か、『えんとつ町のプペル美術館』の近所に西野亮廣が住む」が一番の答えだと思いました。

なので、少し先になりますが、タイミングを見計らって『えんとつ町のプペル美術館』の中か、『えんとつ町のプペル美術館』の近所に住むことに決めました。

そこに住んでしまえば、騒音やゴミ問題や渋滞、その他たくさんの問題を自分事として、地元の皆様と共有できるので。

あと、僕がそこに住んで、そこで数十年暮らせば、僕が生前に結果を出せば出すほど、僕の死後は、僕が住んでいた家が観光スポットとなって、『えんとつ町のプペル美術館』界隈が賑い、近隣の商店が潤うので、そうしてみます。

戦略みたいなことは、僕よりも、サロンの皆様や、ウチのスタッフの方が器用に考えてくれそうなので、僕は誰よりもリスクを背負うことで覚悟を見せます。

これまでスピード勝負で結果を出し続けてきましたが、今度の『町作り』だけは、とても長い時間がかかってしまう挑戦になります。

一緒に歳を重ねていただけると嬉しいです。

絶対に最高の景色をお見せします。

現場からは以上でーす。

【追伸】

明日から『チックタック光る絵本と光る満願寺展』のクラウドファンディング(SILKHAT)がスタートします。

『館長日記』のリターンがオススメです。

入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました