西野亮廣が語る無料化の波

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年5月21日

表でコメントしちゃうと、切り取られて間違って伝わるので、コチラで。

栗城さんの訃報をニューヨークのホテルで聞いた。

深夜の2~3時だった。

以前(たしか6度目のエベレスト挑戦前に)「激励会があるんです!西野さん、来てください!」と御本人から連絡があって、有楽町の酒場に行った。

「登山の最大目標は生きて帰ることなので、ヤバくなったら、いとも簡単に引き返してきますww」と冗談を飛ばしていて、まわりにいた人達も誰一人として「登頂目指して頑張れ」とは言わなかった。

その一連のやりとりを見ていて、「栗城さん、死んじゃうんじゃないかな」と思って、帰り道、一人になった瞬間に有楽町のど真ん中でオイオイ泣いた。

登頂するまで挑戦を続けて、その都度、命を落とす可能性があるなんて、あまりにもリスクが高すぎるじゃないか。

「いっそのこと登山資金が集まらなかったらいいのに」と思った。

「栗城さんが、世の中から飽きられてしまえばいいのに」とも思った。

そうすれば命を落とすこともない。

だけど、その人生が栗城さんにとって幸せかというと、そうでもないことも分かる。

「安心安全、人と同じ」では生きられないから、登山家を選んだわけだ。

「たとえ死ぬリスクを背負っても…」

挑戦者は、そんな病を抱えている。

僕もそうだから、よく分かる。

今回の事故を受けて、「だから、言わんこっちゃない」と言う登山家が出てくるだろう。

中には、「支援した人にも責任がある」と言う人も出てくるだろう。

心ない批判もあるだろう。

もちろん、チーム栗城は、それらの声を甘んじて受けなければならない。

だけど、そんな単純な話ではない。

そこにあるのは、「挑戦する病を抱えた人間が、『安心安全、人と同じ』で生きる人生は、本当に生きているのか?」という、決して本人以外の人間には決着のつけられない問いだ。

僕らのような他人の道徳で易々と結論できるものじゃない。

栗城さんは、死んだように生きるのが嫌だったんだろうな。

んなことは2000%分かってるんだけど、でも、生きて帰ってきて欲しかったな。

何やってんだよ、バカヤロウ。

挑戦する姿勢を教わったし、

生きて帰らなきゃいけないことも教わった。

栗城さんには、最後の最後まで教わりっぱなし。

また、呑みながらバカ話をしたいな。

エッチをする時は、一本しかない指をどうやって使っているのかを聞きそびれた。

たくさんの感動をありがとうございました。

ゆっくり休んでください。

合掌。

2018年5月22日

ニューヨークで連日遊び呆けてる西野です。

一日の終わりには一応、パソコンに向かっていて、日記を書くように次回作のビジネス書の執筆をしています。

一冊の本として出す時は、ゴッソリと削っているかもしれませんが、オンラインサロン特典として、原稿の一部を公開。

以前、お客さんから聞いたスタンリー・キューブリックの話を元に書きました。

━━━━━━━━

『スタンリー・キューブリックは未来が見えていた?』

前作『革命のファンファーレ 〜現代のお金の広告〜』には、絵本えんとつ町のプペル』の無料公開を批判した人達に対して、「無料化の波は、もう避けられないので、今のうちに別の場所でマネタイズできる準備をしておかないと、まもなくやって来る無料化の波に飲まれて死んじゃうよ」と書いた。

それから約半年後に漫画界に無料海賊版サイトの「漫画村」という大波が押し寄せてきて、無料化を批判していた多くの漫画家さんが飲み込まれちゃった。

あまりの予言的中っぷりに、「漫画村」の仕掛け人がボクだと疑われたほど。

ただ、これに関しては「予言」でも「予測」でもなくて、「アレとアレが無料になったので、当然、次はコレが無料になるよね」という、「知っているか・知らないか」の話。

たとえばキミが、他の人よりも少しだけ早く「自動改札機」というものが世の中に出ることを知っていたら、駅の改札で切符を早く切る技術を競っている駅員さんに対して「そろそろ、それ、辞めた方がいいですよ」と思うよね?

その感じ。

ボクは知っていることを本に書いただけ。

ちなみに、この本の1章と2章に書いたのも「知っていること」で、事実だ。

その事実を受けて、「どう立ち振る舞うか?」を書いたのが、1章と2章。

ただ、最後の3章はそうじゃない。

映画監督スタンリー・キューブリックが1968年に発表した『2001年宇宙の旅』には、50年後の現在に使われているものが普通に映っている。

読みたい記事のタイトルに触れると画面が拡大され、細かいディテールを知ることができる「タブレット」のようなものまである。スマホだよね。

これに対して、「キューブリックは予言者だ」と言う人もいるし、「キューブリックは当時の最新テクノロジーを徹底的に勉強したから、未来予測の精度が極限まで上がっていた」と言う人もいる。

いろんな見解があるけど、ボク個人的には、こんなことを思う。

《キューブリックが描いた未来に心を奪われた子供達が、「キューブリックが描いた未来」を未来で実現した》

『2001年宇宙の旅』を観て開発者になる道を選んだ人間の脳みそには、「キューブリックが描いた未来」の映像が入っている。

その脳みそから絞り出されたアイデアは、「キューブリックが描いた未来」からインスパイアを受けていると考える方が自然だよね。

または、もっと単純に、「『2001年宇宙の旅』に出ていたタブレットを作りた〜い」と考えた開発者もいたかもしれない。

つまり「心を奪うほどの魅力的な未来は現実化する」という話。

時代の波に抗わず、しなやかに対応して生きていくのも一つ。

でも、せっかくなら、今この瞬間にボクたちで魅力的な未来を描いて、その方向に時代が進むところも、ほんの少し見てみたい。

友達やオンラインサロンの皆と、よくそんな話をしている。

最後にお話しするのは、ボクたちが描いている未来の話。

現実化が待てずに、実は途中まで進めているんだ。

【DJバス】

堀江さんから『THE RIDE』をオススメされたので、乗ってみた。

観光バス2.0

これ、日本でもやれるし、むしろトーク部分は要らなくて、景色に合わせて、DJをしてもらえれば最高。

やろうぜー!

大谷さん、絶対に参加してー!

これ、地方も盛り上げれるー。

誰かDJができる貸しバス探してー

西野亮廣エンタメ研究所の使い方はこちら

西野亮廣エンタメ研究所入会はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました