西野亮廣がホームレス小谷というアート作品の価値を!

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2019年4月1日

こんにちは。

「西野の最高傑作は『えんとつ町のプペル』ではなくて、『ホームレス小谷』だ」と言われたので、ただちにホームレス小谷を抹殺したいキングコング西野です。

さて。

今日は「ホームレスに価値を付けて、経済を回す」という話です(何それ?)。

本人の人権を大胆に無視して、僕が「ホームレス小谷」というアート作品で伝えたいメッセージは「ありゃ?『お金』って何だっけ?『豊か』って何だっけ?」です。

ホームレス小谷を使って、「今はクラウドファンディングやオンラインサロンといった『自分の信用を換金できる装置』があるから、信用さえ持っていれば、お金は要らないんじゃね?『豊かさ』は信用量じゃね?」という人体実験をしているわけですね。

人体実験をするなんて、西野というのは血も涙もないヒドイ男ですね。

この度、ホームレス小谷のアート的な価値を上げるべく、ニューヨークで『ホームレス小谷展』を開催する運びとなったわけですが、展示(販売)する作品は何を隠そう「小谷の写真」です。

この「ホームレスの写真」に価値を付けてやろうと思いまして、その気になればいくらでも複製できる「写真」というものにエディション(限定1点)を付けて、一点10万円で販売して、自分で買ってみました。

(※写真の売り上げは個展の開催費で、もし余ったら孤児院に寄付)

たて続けに、もう一点も10万円で買ってみたところ、ホームレス小谷の写真の相場が「1作品=10万円」となり、その後、べつの人が小谷の写真を10万円で買いはじめ、ここに価値が発生したわけですね。

あとは、今回買われた作品が誰かに高値で売られて、「小谷の写真は高値で売れる」という認識が広がれば、「ホームレスが自分の写真を売って、孤児院の子供達を助ける」というスットンキョウな流れができるので面白いと思います。

ゆくゆくは「ホームレス小谷」の本体を販売して、アート作品として売り買いされれば面白いなぁと思っています。#人権無視

小谷自体はたくさんのお金を生んでいるのに、それを全額再分配して、たくさんの人を助けて、それでいてホームレスが毎日ゲラゲラ笑っていたら、いよいよ僕らは「お金って何だっけ?豊かって何だっけ?」を考えさせられるのではないでしょうか。

僕の中では、デザインは「問題解決」で、アートは「問題提起」という整理になっておりまして、ホームレス小谷の存在というのはアートですね。

そういう目線で小谷を見ていると味わい深いですし、ニューヨーク個展以降は少し面白いことになってくると思います。

ちょっと注目して見ておいてください。

現場からは以上でーす。

入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました