西野亮廣が死んだ後のバーチャル西野の設計

この記事は1年前の西野亮廣西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2019年4月13日

おはようございます。

転職サービス『キャリオク』に登録してみたところ、面接オファーが4件きたので、前向きに転職を検討しているキングコング西野です。

さて。

絵本最新作『チックタック~約束の時計台~』の発売前ですが、次回作の絵本『みにくいトーマス(仮)』のイラストパートの制作をスタートさせました。

すでに脚本は書き終えていて、『えんとつ町のプペル』から3年後の「えんとつ町」の物語です。

順調にいけば2年後に発売となります。

エンターテイメントを終わらせない

僕は実は過去に二度ほど、事故で死にかけたことがありまして(両方とも、なんで生き残っているか分からないレベルの事故です)、先日は、ハンガーノック(低血糖)で身体がプルプルしちゃって、それはそれで放っておくとマズかったらしいです。

自殺願望なんぞ1ミリもありませんが、とはいえ、僕の意思とは関係なく、ある日突然終わってしまう可能性があるわけで(健康は気をつけます)、その時、僕が止まっちゃうのは仕方がないのですが、僕が仕掛けている「エンターテイメント」には、たくさんのスタッフの方やファンの方が絡んでいるので、「エンターテイメント」を止めるわけにはいきません。

てなわけで、僕は僕が突然死んでしまうことを見越して、僕のエンタメを設計しておく必要があります。

昨日、「バーチャル西野」の見積もりが出ました。

静止している状態だと、500万円ぐらいだったので、さっそく開発に入って、たぶん、Instagramあたりからコッソリ、バーチャル西野に置き換えていきます。

ビジネス書の表紙とかも、バーチャル西野でいいと思います。

『えんとつ町のプペル』からスタートした、分業制の絵本は、あれやこれやとテストを繰り返しながら、「西野の絵」を描ける仕組みが出来上がってきました。

今はまだ僕が作画に参加していますが、僕がこの作業から卒業するのは時間の問題だと思います。

『ドラゴンボール』の鳥山明さんのノリです。

一応、向こう30年分ほどの脚本は書きましたが、30年で終わってしまっては面白くないので、僕らのチームが次にやらなきゃいけないのは、映画『魔女の宅急便』のように、絵本の原作を探す作業と、探し続ける仕組み作りだと思います。

分業制の絵本制作には結構な予算がかかるので、この運動を止めない為には、安定的に予算が入ってくる仕組みを作らねばなりません。

たぶん、それは『サグラダファミリア』をモデルにした方がよくて、制作過程を販売することだと思います。

今は、それがオンラインサロンでできているのですが、このサロンは「生身の西野が文章を書いている」というところに価値が発生していると思うので、10年後、20年後の制作過程を販売方法は、また別のやり方になってくると思います。

ボンヤリ考えているのは、『えんとつ町のプペル美術館』の中に「絵本工房」を作ってしまって、イラストレーターが描いたイラストを巨大スクリーンに映し出せるようにしたらいいんじゃねぇかなぁ、と思っております。

毎日、ライブペインティングがおこなわれている状態です。

そして、新作絵本のインタビューはバーチャル西野が受ければいいと思います。

僕が作らなきゃいけないのは、100年後も200年後も西野亮廣の最新作が出続ける環境で、そこに向けてエンヤコラと汗を流しているわけですが、こんな話を表ですると、とても怖がられてしまうので、ここでコッソリと話しています。

エンターテイメントを終わらせないことが僕の目的なので、お葬式は絶対にしないでください。

あんなものをされて、僕の設計図が壊されたら、とても成仏できないっす。

なんだか怖い話になっていますが、健康には、それなりに気を使っているので安心してください。ちゃんと人間ドックにも行きました(*^^*)

いつか皆さんが爺ちゃん婆ちゃんになった時に、お孫さんに「西野は昔から数百年後のことを考えて動いていて、当時は、それに随分振り回されたよ」と僕の悪口を言っていただけると嬉しいです。

エンターテイメントで世界を塗り替えます。

現場からは以上でーす。

【追伸】

今年もニューヨークに行くことになった。

この人の個展のお手伝い↓

#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「ニューヨークの写真展の開催費用を奢られたい!」byホームレス小谷夫婦│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
世界一ハッピーなホームレス写真展を作る!!

入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました