西野亮廣がしるし書店とレターポットの運営状況

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年6月17日

赤字運転が続いている『しるし書店』とは対照的に、スタート当初から実はコンスタントに黒字を出し続けている『レターポット』。

「誕生日のお知らせ」と「ciao!」が上手く機能しているように思います。

現時点の数字を出しておきますね(画像添付)。

何かの参考にしてくださいな。

まもなく『レターポット』はTwitterログインも可能になります。

流行らないように気をつけて、「気がついたら定着していた」を狙います。

電報2.0です。

あ。『しるし書店』の赤字に関しては、そもそも「1年くらいは赤字だろうなぁ」と思ってスタートしたので、あんまり、気にしてないっす。

西野亮廣のポットはコチラ↓

西野 亮廣さんのレターポット | LetterPot (α)
西野 亮廣さんにレターを贈りましょう!レターポット(α)は、1文字5円で購入したポイントを使って、気持ちを伝えたい相手に手紙(レター)を贈ることができるサービスです。

IMG_4285

【メモ】

忘れないうちにメモメモ。

①『オンラインサロンの広告に「月額1000円」という文字を入れる』

他所様のオンラインサロンの感覚で『西野亮廣エンタメ研究所』を月額5000円だとか、月額10000円だと思っている人が結構いらっしゃることが分かった。

昨日も、スナック『キャンディ』で「え?1000円だったんですか?だったら入ります!」という人がいた。

その層を掴まえにいく(したたか!)。

②『ショートショート』の作品を持ち寄る(もしくは、その場で考える)イベントを開催する。

昨日、ザッパラスの玉置さんと、SHOWROOM前田さんと、突然、星新一トークで盛り上がった。

(※個人的には『愛の鍵』という作品が一番好き)

皆で、ショートショート作品を持ち寄ったり、その場で考えたりして、本当に良かったものは絵本にする。

タモリさん原案の絵本『オルゴールワールド』の感じ。

《ショートショートを皆で持ち寄る→最優秀作品は絵本化》

この流れができれば最高。

オンラインサロンの予算(広告として)で絵本を作ってもいいかもしれない。

「【制作協力】 西野亮廣エンタメ研究所」と最後に入れたらいいのかな。

商品が見つかりませんでした

入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました