西野亮廣のえんとつ町プペル 光る絵本展

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年6月21日

【個展のデザインと絵本監督の話】

以前、「反射光」と「透過光」では、受けとる人の脳の働きが違う、という話をさせていただきました。

反射光=本、書類など。

(外部の光源からの反射)

透過光=テレビ、パソコンなど。

(対象そのものが発光している)

どうやら僕たちの脳は、

反射光のエンタメを分析的(批評的)に見て、

透過光のエンタメを感情的(ボンヤリ)と見るようになっているようです。

「であれば、個展は“絵そのもの”を光らせてしまった方が面白いんじゃないの?」というわけで、国内外で開催している『えんとつ町プペル 光る絵本展』でございます。

驚いたことに絵本『えんとつ町のプペル』は、発売から2年が経とうとしている今なお売れ続けています。

お察しのとおり、個展会場が絵本『えんとつ町のプペル』の売り場の本丸になっているからです。

僕がよく言っている「おみやげ戦略」ですね。

もちろん次回以降の作品も、このやり方をする予定です。

『ほんやのポンチョ 光る絵本展』

『チックタック 光る絵本展』

といった感じで。

もしかすると、まとめて『にしのあきひろ 光る絵本展』にするかもしれません。

となってきたら、本を売るためには、『光る絵本展』を魅力的にしなければいけないわけで、『光る絵本展』を魅力的にするには、『光る絵本展“映え”』する絵本を作る必要があります。

なるべくなら、太陽の光や、月や星の光を描けるように「屋外」が舞台となる絵本の方がいいでしょうし、「屋内」が舞台となる絵本にするのであれば、屋内の照明や、光が射し込む窓のデザインに気をくばった方がいいと思います。

そして、「ただ、光らせればいい」というわけでもありません。

光の強いページが2~3ページ続いてしまうと、個展会場が明るくなってしまうので、結果、光映えしなくなります。

つまり、個展会場の明るさも逆算しなければならないわけですね。

「絵本を作る」というのは、何も「紙の絵本を作って完成!」ではなく、紙の絵本を作ることはもちろんのこと、その絵本の売り場デザインや、売り場に足を運ぶ方の感情デザインまで、やる必要があると僕は考えます。

『絵本監督』という仕事は、そんなところから始まります。

んでもって、絵本の中身の話です。

『チックタック ~約束の時計台~』の最終ページを例に、解説していきたいと思います。

画像一枚目をクリックしてください。

入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました