みんなで作るシャドーボックス

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年6月29日

【思いついた!】

10月31日~11月5日まで、渋谷ヒカリエ8階にある『CUBE』というギャラリーをお借りすることになったのね。

(http://www.hikarie8.com/cube/about.shtml)

ここを、このオンラインサロンのメンバーの交流の場として使いたいと思っていたんだけれど、何をすればいいのやら?

『えんとつ町のプペル 光る絵本展』は他所でもやっているので、わざわざ今回やる必要もないだろう、と。

とは言うものの、他に何があるんだろう?

そこで、昨夜、サロン限定で動画配信をして(すでに削除済み)、皆様からアイデアを募集したところ、「完成品を展示するのではなく、期間中に何かを作りたい」という声がチラホラ。

ライブペインティングのノリだよね。

日頃より「作る過程に価値がある」と言っている僕は、もちろん大賛成。

とは言うものの『全員で絵を描く』となると、コミュニティーの自己満足的な作品(クオリティーは期待できない)ができあがってしまって、その作品は他所で通用しない。

そこで、思いついたのが『シャドーボックス』。

絵を切り貼りして、何枚も重ね合わせて、超アナログで3Dを表現するアレ。

アレだと、そもそもの素材(絵)に力があれば、部外者も唸らせることができる。

そこで!

「『えんとつ町のプペル美術館』に展示する超巨大シャドーボックス(縦2メートル×横4メートル)を作っているところ」を展示する個展にするのは、どうだろう?

つまり、作業スタッフも展示品。

もちろん作業着はインスタ映えする衣装で揃える。

一般のお客さんはギャラリーの窓の外から、作業風景を撮る。

可能であれば、ギャラリーの窓を『額縁』みたいに加工できれば「巨大シャドーボックスを作る人」という作品として成立する。

次々回作『チックタック ~約束の時計台~』の最後のページのシャドーボックスをオンラインサロンメンバーと作る。

もろもろ業者に発注しなきゃいけないことがあると思うが、業者も出来る限りオンラインサロンの中で探して、サロンメンバーに仕事(お金)を落とす。

たぶん、作業場の後ろの壁とかも、見栄えするようにした方がいいんだろうな。

鏡の壁にしたら、窓の外から写真を撮っている人達も作品の一部になるから、面白いのかな。

とりあえず会場の下見に行ってきます。

様子を見て、進捗状況を共有するねー。

4メートルとかになってくると『紙』じゃ耐えられないと思うんだけど、何がいいんだろ?

#そういえば4メートルのシャドーボックスなんて作ったことがなかった

#ていうかシャドーボックスなんて作ったことがない

#最後は額縁の裏に皆の名前を入れたい

入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました