しるし書店がヤフーニュースに

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年7月2日

【考える夜】

『しるし書店』にスイッチが入った感があるな。

サイト内の動きが激しくなってきた。

何冊も『しるし本』を売っている店があるし、時々、数万円で売れる『しるし本』も出てきた。

この流れが目立てば目立つほど、妬み僻み層は「他人(作家)のフンドシで稼ぎやがって!作家が可哀想!」

というカードを切り始めるだろうな。

その防御策として、しるし書店では『しるし本』を出品する時に『新品本』のAmazonリンクの貼り付けを必須にして、出品すればするほど、作家の宣伝&売り上げに貢献するような仕組みにしているんだけれど、もっともっともっと、

『しるし本を出品することは作家支援だ』

となると気持ちがイイ。

【その為には、どうする?】

パッと思いついたのは、『しるし本』を出品する時に「出版社」を記入することを必須にして、「どの出版社の『しるし本』が、どれくらい売れたか?」を運営で把握しておいて、『しるし本』の売り上げの数%を(頼まれてもいねーのに、コチラから)出版社に振り込む。

これ、具体的にやれるのかな?

見城さんとかに直接聞いてみよう。

他に、何か、『作家支援』になるような、『しるし書店』のアプローチってありますかね?

しるし書店
しるし書店とは、店主が読んでいるうちに気になった部分に「しるし」を入れた、世界に一つだけの本を取り扱う古本屋さんです。

『しるし書店』のユーザーが、この5日で200人増えました。

やったことと言えば、「ブログで2~3度とりあげたこと」と「ユーザー同士の交流会」を開催したこと。

(※今朝、『しるし書店』のことがYahoo!ニュースに取り上げられていました)

「ユーザー同士の交流会」は効果テキメンで、そこで互いのことを知って、フォローしあうので、交流会参加者が出品した『しるし本』が売れるまでのスピードが分かりやすく上がりました。

「“あの人”の『しるし本』なら欲しい」といったところでしょうか。

これからの時代は「あの人」になることが大切だと思います。

【『信用×○○屋』の可能性】

ご存知のとおり、『しるし書店』で販売しているのは、「本」ではなく、「出品者の視点」です。

当然、出品者に『信用』がなければ、『しるし本』は売れません。

『しるし書店』は、「古本屋」に「店主の信用」を掛け合わせることで生まれた、まったく新しい仕事です。

(※信用×古本屋=しるし書店)

僕は「紙の本」に興味があるので、掛け算の相手に『古本屋』をチョイスしましたが、この『信用×○○屋』の可能性は、まだまだかなり眠っていると思います。

SNSによって、個人が個人を採点できるようになった(個人の信用度が可視化できるようになった)から生まれた流れなのでしょう。

信用×靴屋=??

信用×カレー屋=??

信用×タクシードライバー=??

…みたいな調子で掛け算を続けていくと、新しい仕事が見つかると思います。

やってみてください。

ポイントは「商品を売るのではなく、店主の信用を売る」というところですね。

【追伸】

昨日の誕生日会で「僕、荷物を持ち歩くのが本当に嫌いなんです。荷物を持つと、フットワークが重くなるから、移動距離が減るじゃないですか」と言ってきた青年がいて、

「ニッチだけれど、キミと同じような人は必ずいるので、そういう人の為に、『荷物を家まで持って帰ってくれるサービス』を作ったら?」

と返しておきました。

家の鍵を預けられるほど“運び屋の信用度”が高ければ、成り立つよね。

収益化できるかどうかは知らねーけど(*^^*)

IMG_4506
IMG_4507

【意見聞かせて】

薄々お気づきかもしれませんが、次々回作の『チックタック ~約束の時計台~』は、次に出す『ほんやのポンチョ』とうって変わって、おもくそ泣かしにかかります。

(※僕は、この物語を書きながら泣きました)

んでもって、今は、その『チックタック ~約束の時計台~』の表紙を作っているところなのですが、表紙デザイン、「夕方」と「夜」、どっちの方がお好きですか?

あ。もちろん、これはラフです。

【追伸】

タイトルロゴは「デザイン部」に投げようなぁ。

ちなみにこちらは『ほんやのポンチョ』↓

ほんやのポンチョ | キンコン西野のサイン本屋さん powered by BASE
ポンポンポンチョは、ほんやさん。あさは はたけの おてつだい ひるは ばあばの にもつもち。いつも みんなの おてつだい じぶんの ことは あとまわし。おかげで おみせは、かんこどり。きょうも おきゃくが おりません…―ほんやの店主・ポンチョは、みんなのお手伝いばかり。お客が来ないことを気にもせず、読書をしては本に折り...

入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました