西野亮廣が学生コンサル

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。

2019年5月23日

おはようございます。

500万円の詐欺に引っ掛かってしまったキングコング西野です。

さて。

「500万円を銀行に振り込んでください。大丈夫だよ。大丈夫だから」という、どう考えても“振り込め詐欺”としか思えないけんすうサン(https://alu.jp/)のLINEから始まった『株式会社アル』への出資の話は、始まり方こそ大糞(おおぐそ)なものの、「エンタメを一歩前に進めるオンラインサロンの売上で、エンタメの会社に出資する」というのは綺麗な流れだなぁと思っております。

「アルが成功すればするほど、サロンメンバーに還元される(サロンで使える予算が増える)ので、サロンメンバーはアルを応援する」という図式にはポジティブな要素しかないし、くわえて『株式会社の仕組み』や『ベンチャー企業の成長過程』を間近で学べることは『エンタメ研究所』のコンセプトとピッタリ。

この振り込め詐欺には巻き込まれた方が良さそうです。

(※株式会社アルからの発表は来週とかなので、それまではナイショだよ)

━━━━━━━━━━━━━━

エンターテイメントに出資する

━━━━━━━━━━━━━━

昨夜は品川庄司の品川さんと、オリラジの中田君と御飯に行きました。

品川さんは『映像』に、中田君は『カードゲーム開発』に、それぞれ本気で向き合っておられるのですが、お二人の熱量に触れれば触れるほど、その分野に自分が参入しようとは思えず、「競うのではなく、全力で応援して、お二人が勝てば勝つほど、自分達のチームに還元される図式になればいいなぁ」と思いました。

『西野亮廣エンタメ研究所』から、株式会社アルへの出資したような図式ですね。

僕はエンターテイメントで世界を獲るのですが、僕の時間は有限で、『西野亮廣エンタメ研究所』の時間も有限です。

僕らがエッフェル塔の個展に時間を使っている裏で、面白い漫画アプリが、面白い映像作品が、面白いカードゲームがエンタメの総量を増やして、世界を面白くしてくれた方がいいので、エンタメ会社への『出資』や『業務提携』は積極的にやっていこうと思います。

━━━━━━━

学生を支援する

━━━━━━━

けんすうサンや、品川さんや、中田君といった「すでに影響力を持ったエンタメ人」を、なんらかの形で応援する一方で、「まだ世には出ていないチャレンジャー」も積極的に応援していこうと思います。

僕は今、キチンとお金をいただいて、会社のコンサルを年間70件ほどやらせてもらっているのですが、学生はとにかくお金がありません。

というわけで、『西野亮廣エンタメ研究所』のメンバー限定のレンタルスペースを作って、月に1度ぐらいのペースで、そこに学生を集めて、無償でコンサルをします。

コンサルと言いつつ、僕も学生から学ばせていただきつつ、そこで本当に面白い起業があれば出資させていただきます。

レンタルスペース『Zip(ジップ)』は、あと10日ぐらいで完成します。

この場所から、また新しいエンタメが生まれますように。

現場からは以上でーす。

【明日発売!】

西野亮廣最新刊『新・魔法のコンパス』(713円)

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました