ライブハウスレターポット?

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。

2018年7対18日
【ライブハウス『レターポット』構想】

昨夜、ふと思いついた「1万レター(仮)を運営に贈ってくれたら、使用料が無料のライブハウス『レターポット』」

広く浅く知られている芸人やアーティスト(認知タレント)ではなく、ファンの数は少なくとも深く愛されている(人気タレント)が活躍できる空間を作りたくて、そんなことを思いついてみた。

気になったのは、法務面。

普段は使用料金をいただいているのに、ある時だけ(言ってしまえば)レター払いをオッケーにしてしまうと、レターが『通貨』扱いにならないか?

今朝、こんなことをレターポットスタッフのグループに投げてみたところ、「全日レター払いだったら、会員制のレストランとかと同じ扱いだから、問題なさそうだね」と返ってきた。

なるほど。

もう、いっそのこと、『お金では借りられないライブハウス』にしてしまう。

ふむふむ、なんだかデタラメで面白そうだ。

そして、レターポットの開発リーダーのヤン君いわく、「後ろに専用のスクリーンを用意してくれたら、お客さんがその場で贈ったレターをリアルタイムで表示できるよー」とのこと。

ぐはっ!

良いパフォーマンスをすれば、セットチェンジの間とかに感想レターがたくさん寄せられて(感想を皆で共有できて)、場合によっては、その日のうちに1万レター(次回のライブハウス使用料)が貯まるかも。

『投げ銭』ならぬ、『投げ文字』

やばい!メチャクチャ面白そう!

ていうか、大失敗しても面白そう!

厳しめの法務チェックは必ずやるとして、ゆる~くライブハウスを探そうかな。

【ボソっと本音】

最近、パインアメの宣伝稼働が増えてきたな。。

当初は「悪フザケ」ぐらいの距離感だったけれど、最近は、『宣伝』に時間を持っていかれるようになってきた。

『宣伝』と引き換えに手に入るのは「露出」と「出演料」で、他のタレントさんはどうか知らないけれど、正直、僕はどっちも要らない。

その時間を別のことに使った方が大きなモノを手に入れられる。

ここでキチンと断っておかないと、ズルズルと時間を奪われてしまう。

ザッパラスの『占いフェス』の宣伝をいくらでも頑張れたのは代表の玉置さんが呑み友達で、普段からお世話になっているから。

そう考えると、『露出』とか『ギャラ』って、理由としてはかなり弱い。

皆が一人立ちできて、国民全員が「べつに雇ってもらわなくても食っていけるけど」になろうとしている今、人間関係って本当に大切だな。

ちなみに、スタッフと揉めたわけでもなくて、パインアメが嫌いになったわけでもないので、ご心配なさらず。

ここに時間を使っていると世界を獲れないという話です。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました