業務連絡

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。

2019年5月29日
おはようございます。

あと、30分後に家を出てニューヨークに行かなきゃいけないのに、マジでまだ何の準備もしていない中、サロンの記事を書いているキンコン西野です。時間との戦いです。

さて。

よくよく考えてみると、マネージャーをはじめ、一緒に働いているスタッフさんは、皆、このサロンに入っているので、ここでまとめて業務連絡をして、「業務連絡」もコンテンツにした方が良さそうなので、今日はスタッフの皆様への業務連絡(2点)です。

【東京タワーの個展の展開】

『エッフェル塔』と『東京タワー』といった世界二大タワーで「にしのあきひろ光る絵本展」を開催すべく、昨日、東京タワーの下見に行ってきました。

タワー内で個展がやれるとしたら、可能性があるのは「第一展望台」で、第一展望台には、ただの黒い壁が二面あるので、ここに絵を飾れそうです。

大きな方の面には「縦5列×横11列」で絵を飾り、

小さな方の面には「縦5列×横5列(or4列)」で絵を飾るといいと思います。

小さな方の面の向かいには、床がガラスになっている箇所があり、ここが撮影スポット(お客さんの視線が集まる場所)になっているので、その場所の壁に「光る絵」を展示してしまうと、背中で「光る絵」を押してしまう(ぶつかってしまう)可能性があるので、ガラスの床の前の壁には「光る絵」を展示せず、万が一、背中がぶつかっても何ら問題のない僕のプロフィールパネル(厚紙)を展示するといいと思います(*^^*)

それも、もう一点。

「東京タワーで個展をやっている」という利点を使った方がいいと思うので、ズラリと並んだ光る絵(えんとつ町)の中に、ドサクサに紛れて、中に鏡を仕込んだ額縁を展示して、光る「えんとつ町」の流れで、光る「東京の夜景」を見せたら、ニクイと思います。

ま、このアイデアに限らず、「東京タワーで個展をやっている」意味がある演出が少し入るといいと思います(*^^*)

【絵本の音楽の件】

今後、すべての絵本作品にはオリジナル楽曲を付けましょう。

CD屋さんが軒並み潰れているので、楽曲の制作費およびアーティストさんギャランティーをCDの印税で回収するモデルはとっとと捨てた方がよくて、音源はYouTubeで無料で聴けるようにして(絵本の広告として扱って)、絵本の印税を、楽曲制作費およびアーティストさんのギャランティーにまわした方がいいと思います。

CD屋さんよりも、本屋さんの方が数が多いので、音楽は「本」として売った方が絶対にイイでーす。

それともう一つ。

とはいえ、音楽を「音楽」として買いたい人もいて、そういった人は、ダウンロード(データ)か、CDやレコード(インテリア)のいずれかを買っているので、絵本の楽曲を作ったら、曲ごとにダウンロード(購入)できるようにして、あるていど曲がたまったら、CDやレコードを出しましょう。

CDやレコードは「インテリア需要」なので、部屋に(絵画的に)飾ることを前提としたデザインにした方がいいと思います。

つまり、そこそこサイズが大きい方がいいと思いまーす。

もう完全に飛行機に乗り遅れるので、今日は、この辺で終わりまーす。

今日から1週間ぐらいニューヨークでフラフラしているので、ニューヨーク在住のサロンメンバーは連絡くださーい。

呑みに行きましょう!

現場からは以上でーーす。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました