ブロードウェイミュージカル『ウィキッド』

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2019年6月2日
おはようございます。

そういえば、伝え忘れていましたが、僕の夢は全世界で定番となるミュージカルを作ることです。

さて。

昨日はブロードウェイミュージカル『ウィキッド』を観てきました。

言わずとしれた人気作品ですが、知らない方の為に、まずは「あらすじ」を。

【あらすじ】

人も動物も同じ言葉を話し、共に暮らしていた自由の国──オズ。

平和なこの国にいつしか異変が起きていました。

動物たちが、次々と言葉を話せなくなっているのです。

しかし大多数の国民は、その事態に気付いていません……。

全寮制のシズ大学に入学してきたエルファバ。

特異な緑色の肌のため家族に疎まれ、周囲の学生たちとも馴染めずにいた彼女は、偶然と誤解からグリンダと同じ部屋に暮らすことになります。

見事な美貌とブロンドの髪を持つグリンダは、天性の明るさを備えたクラスの人気者。

一方、思索的で激しい気性のエルファバは、生まれながらに不思議な魔法の力を持っていました。性格も外見も異なる二人は、はじめは対立するものの、次第に互いの内面を理解し合い友情を育んでいきます…

(出典:劇団四季ホームページ)

『オズの魔法の使い』のスピンオフ的な位置付けになっていますが、『オズの魔法使い』よりも人気が出ちゃっているパターンです。

観る人が観れば『アナと雪の女王』は、この作品を元に(もう少しキャッチー)にアレンジされたものだということが分かると思います。

登場人物の関係性や、メインとなる曲『Let it GO』(アナと雪の女王)、『Gravity』(ウィキッド)は、ほぼ同じです。

そんなこんなで、今日は、「『世界のエンタメを獲る』とほざいているキングコング西野がミュージカル『ウィキッド』をどう見たか?」を、感激中に書き留めたメモと共に皆様にお届けしたいと思います。

(※サロンに投稿した記事は、基本、投稿から1年経てば自由にコピペしてもらってもいいのですが、今日の記事は1年後もコピペ禁止でお願いします)

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました