レターポットオーナー

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年8月14日

【8月14日のオンラインサロン日記】

レターポットオーナー総選挙が終わりました。

まずは、勇気を持って手を挙げてくださった4名の候補者と、そして、その4名を支えてくださった皆様に深く御礼申し上げます。

超絶ありがとうございました。

そして、初代オーナーに選ばれた『きざきちひろ』サン、本当におめでとうございます(なんか「おめでとう」って上から偉そうだな…)。

『きざきちひろ』サンのポット↓

きざき ちひろさんのレターポット | LetterPot (α)
きざき ちひろさんにレターを贈りましょう!レターポット(α)は、1文字5円で購入したポイントを使って、気持ちを伝えたい相手に手紙(レター)を贈ることができるサービスです。

オーナーの報酬(1ヶ月)の設計ですが、ソルさんからのアイデアが素晴らしすぎたので、そのまま頂こうかと思っていまして…

「50万円渡すから、それをそのまま自分の懐に入れるか、活動費に回して残りを懐に入れるかは任せる!

ほんで、オーナー期間中は『オーナーの公開ポット』を設けるから、そこに贈られてきた応援レターの半分を【出来高払い】として、追加でボーナスを支払う」

が、一番分かりやすくて、気持ちが良いかなぁと思っています。

(あらためて法務チェックをしますが、この時点で法務面で問題があれば教えてください)

今回、オーナーに立候補してくださった方へのフォローはしっかりしておきたいと思ってまして、どこかで呑みに行って、いろいろ話を伺おうかと。

※ちなみに昨日は喜多さんと呑んでました(*^^*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サロンメンバー限定?『貸し会議室』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

五反田に作る(今のところ利用者はサロンメンバー限定の)『貸し会議室』の件ですが、無事に契約がまとまりまして、今月16日には、一級建築士の只石さん(『サーカス!』の美術さん)に、内覧に行ってもらう予定です。

床がコンクリ剥き出しだったので、そのままコンクリでいいかなぁと思っています。

(※イメージ写真を下に添付しています)

コチラの『貸し会議室』は大小二つの部屋を作ろうかと思っていまして、運営方法(レンタル料金設定など)は、おそらく『貸し会議室』を一番利用するであろう『経営者部』の皆さんと決めていきたいと思います。

内装デザインに関しては『デザイン部』と『建築部』に協力を仰ごうかと。

とにかく“自分達に都合の良い空間”を作りましょう。

P.S

今日はこれから大阪の講演会。

どういう狙いなのか、「告知“ほぼ”無し、チケットは当日券のみ」というハチャメチャなセッティングに、過去最大級に心配しています。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました