可処分精神の奪い合い

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。

2018年8月16日

【物語を手放すな】

エンタメは「いかにお客さんの時間を奪うか?」という競争です(ほとんどのビジネスがそうだけど)。

いわゆる『可処分時間の奪い合い』というやつですね。

人数×コミット時間で、総合計で「10分奪ったヤツよりも、10億時間奪ったヤツが勝ち」という超絶シンプルなルールです。

より多くの時間を奪う為に最も重要なのが『物語』だと僕は考えます。

売れているタレントさんには、現在進行形の『物語』がありません。

これだと、自分が発信している時間しか、お客さんは自分に時間を使っていないので、24時間365日の限界(上限)がどこかで来てしまいます。

一方で売れている途中のタレントさんには『物語』があります。

「応援シロ」と表現してもいいかもしれません。

タレントが発信していない時間帯も、ファンはタレントのことを想い、時にはファンミーティングを開催し、「もっと、こうしたらいいんじゃないか?」「今度、あの番組に出るらしいけど、上手くいくかなぁ?」と議論し、タレントに時間を費やします。

売れている途中のタレントには、その時々でクリアしなければいけない難関があるので、自然と『物語』が発生します。

自然と発生したものなので、ほとんどのタレントはそこに自覚をもっていないので、『物語』の重要性に気づかないまま売れて、『物語』を持たない身体になり、他人の時間を奪いにくい身体になっても、まだ気づきません。

その結果、待っているのは「露出し続けなきゃ食っていけない」という『露出の奴隷』です。

大切なのは、「露出し続けなきゃいけない」ことではなくて、「お客さんの時間を少しでも長い時間奪うこと」で、その為には自分に『物語』を作り続けて、自分のことを語ってくれる「スピーカー」を増やすことが大切だと思います。

売れているタレントほど気をつけなきゃいけない部分です。

SHOWROOMの前田さんは、これを『可処分精神の奪い合い』と表現されていました。

なるほどなぁ。

西野亮廣『キンコン西野、オンラインサロンに生きる』
「その日はオンラインサロンのイベントが入っているのでスケジュールNG」という事態が増えてきた、タレントとしては終わっているキングコング西野です。━━━━━━━…

8月30日の『おとぎ町の素敵な音楽会』(@東京キネマ倶楽部)に向けて猛特訓。

ついに親指の皮が破れちゃいました。

親指、超痛いっす!

SHOWROOMの前田さんや、幻冬舎の舘野さんや、ウチの須藤マネージャーやらが出演する中、僕は『西野亮廣エンタメ研究所』の「中肉中背&ダンス音痴チーム」でステージに立ちます。

全員、ダンス素人ですが、メチャクチャ練習しています。

中には有休をとって、ダンスレッスンに励むメンバーも。

今日も明日朝10時から~16時まで猛特訓。

振り付けは身体に入りました(一生懸命やったから珍しく眠い&お腹すいた)。

サロンメンバーは絶対に応援に来てください。

そして、この記事のコメント欄で、今回のステージに出演する中肉中背ダンスメンバーが顔写真付きで自己紹介をするので、『推しメンバー』契約をしてください。

(要は、嘘でいいので、メンバーをのせる為に、メンバーの偽ファンになってください。偽ファンが一人に集中しないように工夫して)

僕らも(お金を払って)ステージでダンサーを演じるので、そちらも(お金を払って)ファンを演じてください。

出演後は僕は客席で呑んでますので、8月30日は『西野亮廣エンタメ研究所』のオフ会(交流会)みたいなノリに持っていけると嬉しいです。

チケットはコチラから↓

商品が見つかりませんでした

【追伸】

練習、マジでメチャクチャ頑張ってる!

今日の動画、貼っとくね!

ちょっと踊れるようになったよ。
西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました