みんなでハウステンボスへ

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年9月9日

昨日は激動の1日でございました。

昨日、予約をスタートした最新刊『新世界』がスケートの羽生君の写真集を抜き、Amazon書籍総合ランキングで第1位を獲得。

完全に、サロンメンバーの皆様に勝たせていただきました。

本当にありがとうございます!

昨日の「はじめに」で薄々お気づきかもしれませんが、最新刊『新世界』は「ビジネス書」とはいうものの『ストーリー』を少し厚めに入れ込んでいて、これまで出したビジネス書よりも、少し体温高めに設定しています。

これまでリーチしていた『ビジネスマン層』の外側に届けてやろうと企んでいるわけですね。

はたして吉と出るか凶と出るか。

とりあえず、やってみます(*^^*)

それでは、今日の本題です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「サロンメンバーなら何でもアリ」じゃねーぞ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これから話すことは、「最近、このようなことがあった」とか、特定の誰かに対して向けたことではなく、「野放しにしておくと、こういうことが起こりうるだろうなぁ」という未来予測なので、マジで深読みせずに、そのままお聞きください。

このサロンの中にもたくさんいる僕の呑み仲間は、各業界を牽引するトップランナーです。

ボクが彼らに、なんと軽々しく「これ、お願いしますねー」と仕事を押しつけている現場を目撃された方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、基本的に彼らは“死ぬ気で努力しないと会えない人”です。

でね。

ボクが彼らに仕事を押しつけている現場を見て、「ああ、○○さんって、あんな感じで仕事を受けてくれる優しい人なんだぁ」と勘違いして、ボクが彼らに仕事を押しつけるノリで、彼らに仕事をお願いするのは絶対に辞めていただきたいです。

こんなことを自分が言うのも気持ちの悪い話ですが、「西野亮廣のお願いだから受けてくれている」わけで、言ってしまえば、「オマエは違うぞ!」です。

ちなみに、ボクは友人に無償で仕事をお願いすることもありますが、それ以上のメリットを提供する自信がありますし、実際に提供しています。

んでもって、ボクの友人の目線に立って考えた時に、「西野君のサロンメンバーからお願いされちゃった。でも、西野君のサロンメンバーを邪険にはできないし…」と、友人が困ってしまう未来が容易に想像できるので、くれぐれも、そこの線引きはキチンとしていただきたいです。

ボクの友人にDMしても、「基本、返ってこない」が大前提です。

つーか、本来はDMを送れるような連中じゃありません。

時給で計算すると異常に高い人達です。

ボクは、

サロンメンバーもメチャクチャ大切だし、

ボクの友人もメチャクチャ大切なので、

もう一度申し上げますが、そこの線引きはキチンとしましょう。

ケチくさく聞こえるかもしれませんが、「自分の立場をわきまえましょうね」という話です。

これは一人一人のマナーで突破できる問題なので、マナーで突破して、トップ経営者やトップクリエイターが平気で隣の席で呑んでいる10万人の町を作りに行きましょう。

ボクは真剣です。

力を貸してください(*^^*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月7日のハウステンボスの件について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「前々からハウステンボスには興味があったけど、でも遠いし、交通費もバカにならないし…」でブレーキを踏んでいた人(ボクもその一人です)に対して、「だったら、修学旅行的に、皆で行って、園内でスレ違う人や、園内のアトラクションや飲食店で隣に座った人が知り合いだった」という環境(ハウステンボスに行く+αの理由)を作れば、足を運びやすくなるのではないかと、今回、「前々からハウステンボスに行ってみたかった人は、10月7日にまとめて行こうぜ」を企画してみました。

ボクと小谷夫妻は前日(10月6日)には佐世保(もしくはハウステンボス)に入っています。

SHOWROOMの前田さんや、幻冬舎の箕輪さんは、たぶん10月7日にハウステンボス入りして、一緒にハウステンボス内で酔っぱらっていると思います。

運河沿いのスペースを貸しきれたので、夜は『魔女酒場』という名の交流会を開催しようかと。

日帰りパターン、佐世保や長崎のホテルに泊まるパターン、ハウステンボス内の宿泊施設に泊まるパターン…いろいろあると思います。

団体で動けるなら団体で動いた方が安くつくし、楽しいと思うので、どなたか話、萩原さん(株式会社PINK)の仕事をなるべく軽減する方向で話しをとりまとめてくださーい。

現地集合、現地解散の人がいても、いいと思いまーす。

(予約フォーム↓)

参加申込書(海外用)

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました