オンラインサロンのAmazonプライム化

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年9月17日

おはようございます。西野です。

今日は2点です。

一つ目は『えんとつ町のプペル美術館』の「おみやげ」の話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『えんとつ町のプペル美術館』の「おみやげ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更地でオープンする『えんとつ町のプペル美術館』ですが、ザッパラス玉置姉さんから「その段階から『おみやげ』があった方がイイ」と言われまして、確かにおっしゃるとおり。

てなわけで、建築途中の『えんとつ町のプペル美術館』の「おみやげ」について考えてみました。

①『えんとつ町のプペル』にちなんだ「おみやげ」であること

②建築途中にしか売れない「おみやげ」であること

この条件を満たす「おみやげ」って何かなぁと考えて、天才なので、2秒後に『ゴミ』と結論しました。

『ゴミ』です。『ゴミ』。

えんとつ町のプペル美術館を建築する時に発生する『ゴミ』を糞オシャレなパッケージに入れて販売しちゃう。

この「おみやげ」は同じ時代を生きた人しか手に入れられないので、たぶん、売れると思います。

『ゴミ人間』の物語なので、ストーリーも繋がっている。

パパ、ママ、天才に生んでくれてありがとう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンラインサロンのAmazonプライム化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今朝、けんすう先生から「『月額1000円払えば、そのアーティストの作品見放題』の流れがくると思うのですが…」的なLINEがきて、まさに、同じことを考えていました。

今、『西野亮廣エンタメ研究所』は1万人ですが、これが増えて10万人とかになると、もう、表に作品を出す必要なんてなくて、たとえば「『西野亮廣エンタメ研究所』のメンバーしか見れない映画」があってもいいと思っています。

サロンメンバー向けの映画を作っちゃう。

10万人になれば、単純計算、月に1億円の制作費があるわけだから、毎月サロンメンバー用の映画を撮ることができる。

その中でバチクソにバズった作品を表に出す(映画配給会社にあげる)。

オンラインサロンの宣伝として。

ビジネス書をオンラインサロンのチラシとして出すように、

映画もオンラインサロンのチラシとして出しちゃう。

二日酔いで死にながら、こんなことを考えてまーす。

【追伸】

オンラインサロンの入会ページのURLを貼りつけてTwitterで呟いていただくと、あなたのレターポットに『ciao!(5レター)』が届きます。

※レターポットにあなたのTwitterのアカウント登録を忘れないでね。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました