『弱さ』を引き出してしまった原因

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2019年7月15日

闇営業問題についての大崎会長のインタビューは、『女の子にモテたい男子』必見の内容だと思っているキングコング西野です。

あれは、モテる。やばい。

さて。

このサロンには、経営者の方が数千人いらっしゃいますし、これから経営者になられる方や、各部署のリーダーを任せられている方、さらには一家のリーダーもいらっしゃると思うので、今日は、その方に向けての話をしたいと思います。

僕自身、時には本当にたくさんのスタッフさんを率いる立場に立つことがあって、本当にまだまだ未熟で、理想とする姿に精神が追いついていないことが多々あるのですが、「リーダーとして、こうありたい」という姿があります。

話は少し飛ぶのですが、少し前に、YouTubeで『GPSのついた鞄を置き引きさせて、追跡して、問い詰めてみた』という動画が話題になりました。

GPSを入れた鞄を横に置いて、眠ったフリをして、鞄を置き引きさせるわけですね。

その後、犯人をとっつかまえて、犯人を問い詰めているところを放送しているわけですが、コメント欄では犯人がタコ殴りに。

まぁ、鞄を盗んだのだから、当然の報いなのかもしれませんが、YouTubeの企画の面白さは度外視して、『チーム』を設計する目線だけで見ると、今回のガンは「盗んだ人」ではなく「盗ませた人」だと僕は思いました。

━━━

性弱説

━━━

人間の本性は基本的に善であるとする『性善説』と、人間の本性は基本的に善であるとする『性悪説』とは別に、もう一つ、人間はそもそも弱い生き物だとする『性弱説』というものがあります。

鞄を盗んだのは“悪いから”盗んだわけではなく、

“弱いから(誘惑に負けたから)”盗んだというのが『性弱説』です。

リーダーとしての経験を積めば積むほど、僕は、この『性弱説』がシックリきて、究極、殺人犯に対してもそういう目で見てしまい、「社会的に悪とされる行動を起こしてしまった『弱さ』を引き出してしまった原因」を突き止めたくなります。

人はそもそも弱さに走るのだから、そこを突きとめないと、また『悪』が生まれてしまいます。

少し話題になりましたが、立川志らく師匠の「死にたいなら一人で死ね」という結論は、次の殺人犯を生んでしまっていて、チーム設計目線で見たら、あまりにも思慮が足りていません。

(※ワイドショーのガヤとしては100点だと思います)

リーダーの仕事は、「『ヒューマンエラー』は存在しなくて、すべてはスタッフの「弱さ」を引き出してしまった『システムエラー』である」という現実を受け止めることだと思います。

部下を怒鳴る前に、子供を怒鳴る前に、たった3秒だけでも、「そもそも、この弱さを生んだ原因は何だ?」と考えられるようになれば、いいチームができると思います。

とかなんとか言いながら、差し入れを持ってくる迷惑なファンにはブチぎれる西野でした。

現場からは以上でーす。

【追伸】

今日は16時過ぎから『占いフェス』の会場で、かき氷屋さんのアルバイトをしていまーす。

普通の「かき氷」だと思っていたら、なんか美味しいらしい!

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました