『西野亮廣エンタメ研究所』入り口の広げ方

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年10月1日

台風24号が日本列島を通過しました。

皆様、無事だったでしょうか?

私は被災しました。詳しくは、キングコング西野公式ブログを御覧ください。

西野亮廣『台風24号がキンコン西野に直撃!』
『しるし書店』という超絶実験的なサービスをやる為だけに『株式会社おとぎ町』という会社を立ち上げてみました。僕は他にもコッソリと会社を運営しているのですが、ナン…

さて、本題です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『西野亮廣エンタメ研究所』の入り口を広げる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、1万1000人を突破した『西野亮廣エンタメ研究所』ですが、人数が増えれば増えるほどやれることが増えるので、もちろん引き続き宣伝を続けていくつもりです。

今月から3ヶ月連続でリリースされる書籍は、すべて『西野亮廣エンタメ研究所』にお客さんが流れ込むように設計しているので、(本のヒット具合によりますが)年末までには、あと3000人ぐらい増えると思います。

あの手この手で宣伝している感がありますが、実は、今回の書籍以外の宣伝は、「ブログ一本勝負」で、おそらく90%近い方がブログから入ってきてくださっていると思います。

ブログでの宣伝は引き続きやるとして、さらに加速させる為に、「入り口を広げたいなぁ」と思っている今日この頃。

その一つとして、株式会社ニシノコンサル(AbemaTV)とのコラボは大きいような気がしています。

あと、今朝の(サロンメンバーの)インタビューを見て、『西野亮廣エンタメ研究所』の話題なのに、僕がその場にいないのはメチャクチャいいなぁと思いまして…

そういえばそういえば、以前、僕の担当編集者の袖山さんが、幻冬舎の見城さんと僕の間に挟まれる苦労を語っていた『調整のファンファーレ』がメチャクチャ面白かったのです。

そこで、

いつも完全に僕に振り回されて、いい感じに僕をディスってくれる田村Pが「今週はエンタメ研究所で、西野のバカがこんなことを言い出しまして…」とインタビュー形式で、答えていくサイトを作っちゃうのはどうかなぁ?と思ったのですが、どうですかね?

過去のアーカイブもまとめて読めるやつ。

ターゲットは、今週の復習をしたいサロンメンバーと、『西野亮廣エンタメ研究所』に興味がない人達です。

なので、サイトの名前は、もしかすると『西野亮廣エンタメ研究所』はいれない方がいいかもしれません。

別の理由でサイトを覗いてもらって、「なるほど。これらは『西野亮廣エンタメ研究所』でおこなわれていることなんだ」となった方が得策かと。

サイト名は『今週のキンコン西野』ぐらいで、いいのかも。

僕に対する愚痴がひたすら展開されているサイトです。

FacebookのDM対談にしてしまえば、それほど時間が奪われることもなさそうです。

(となると、田村さんのアイコンが欲しいな。けんすうサンみたいなアイコン)

「作っちゃうのはどうっすかね?」とか訊いときいといて申し訳ないですが、この文章を書いているウチに、もう作ることは決定しました。

【業務連絡】

田村さん、とっととチームを組んで、サイトの制作をスタートさせてください。

早くしてください。お願い致します。

西野亮廣『革命のファンファーレ』担当編集者が語る「調整のファンファーレ」 | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議
斬新なアイデアと手法で出版業界の常識をことごとく破り、新刊『革命のファンファーレ~現代のお金と広告~』は、発売前に2万部が売れるという“発売前ベストセラー本”に。そんなキングコング西野亮廣氏と共闘して出版業界の常識を“破る側”でありながら、出版社の社員として常識を“破られる側”でもある担当編集者の葛藤とは……。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました