カラオケのアップデート

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年10月9日

皆さん、おはようございます。

才能と性欲の西野です。

今日も、あらゆるエンタメの可能性を探って、実験を繰り返しているエンタメ研究所ですが…

以前、素人しか出演しない『おとぎ町の素敵な音楽会』という音楽ライブを開催したんですね。

ステージ上に立っている人間が素人なので(頼りないので)、「お客さんが頑張らないといけない」という構図が生まれて、異常な盛り上がりだったんです。

僕は、一応、プロのエンターテイナーをやらせてもらっていますが、「お客さんが頑張らないといけない」はプロでは作れない空間で、その点に関しては、僕たちプロはボロ負けですね(*^^*)

んでもって、あの「お客さんが頑張らないといけない」を突き詰めていくと、『カラオケ』に辿り着くんです。

当たり前すぎて、議論をすっ飛ばしていますが、カラオケは「ボーカルに1ミリも期待ができないから、自分が歌うしかない(自分が頑張らないと歌が成立しない)というルール」が確立されていて、最強エンタメすぎて泣けてきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カラオケをアップデートする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この、超参加型エンタメの横綱たる『カラオケ』を更にアップデートすべく前回の『おとぎ町の素敵な音楽会』では、ボーカル不在のカラオケバンド『お前らが頑張れ』を結成。

ボーカルマイクを客席に投げて、お客さんに交代で歌ってもらったのですが、これが、またメチャクチャ盛り上がりました。

ただ、改善点もいくつかありました。

①その曲を知っている人しかボーカルとして参加できない。

②その曲を知っていても、「歌詞を間違ってしまうかも」という不安がある。

ここを改善すれば、カラオケの向こう側にいけそうな気がするので、12月28日の天才万博(=西野亮廣エンタメ研究所大忘年会)で、カラオケバンド『お前らが頑張れ』で、ひとつ実験をさせてください。

(※昨年の『天才万博』の様子=https://youtu.be/KyLXYvHjr68)

①当日、歌う歌をあらかじめ皆(お客さん)で決めて、当日までに練習しておく。

②練習しても、歌詞の不安があると全力を出せないので、当日は、スクリーンに歌詞を出す。

(※イメージ↓)

【洋楽カラオケ練習用ビデオ】 To be with you Mr. Big

③生バンド演奏するけれど、ステージ上のボーカルマイクは、コーラスマイク(ハモリ専用マイク)だけプロに向けて、残りのマイクは全て客席に向ける。

④客席に向けたマイクにスポットライトを当てて、「お客さんが歌うんだぞ感」を煽る。

年末。サロンメンバーが集まって、たぶん開演前から呑んで、イイ感じに酔っぱらったタイミングで、カラオケバンド『お前らが頑張れ』をブチ込んだら、なかなかのカオス空間が生まれるような気がしています。

最終的には、日本武道館でカラオケがしたいです。

ちょっと付き合ってください。

全員で拳を突き上げて歌えるような、肩を組んで歌えるような、そんな選曲がいいです。

何か、良い曲ありますか?

皆で歌えるヤツです。

コメント欄までお願いします。

【忘年会大カラオケ大会、曲候補】

・オーシャンゼリゼ

・WOW WAR TONIGHT

・YAH YAH YAH

・LOVE YOU ONLY

・タイミング by ブラックビスケッツ

商品が見つかりませんでした powered by BASE
天才万博公式ストアです!!!ここで、公式グッズの販売を行っています!!是非、お求めください!

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました