月額1000円の『読み物』

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
今日は絵本のストーリーの一部をお話しします

2018年11月6日

おはようございます。

エッチをする時に発生する恥ずかしい声を、枕を顔をあてがうことで相殺している西野です。

ときどき、「西野さんのオンラインサロンでは、読むだけで満足してしまって、活かせない」という声を聞きますが、それは「今週の少年ジャンプはメチャクチャ面白かったけど、活かせない」ぐらいの可笑しさがあって、読むだけで満足してもらって大丈夫っす。

すっかりお忘れかもしれませんが、メチャクチャ売れっ子の作家が毎日記事を投稿しているのが『西野亮廣エンタメ研究所』です。

「読み物」として扱ってもらえれば大丈夫なので、実生活に落とし込めなくても問題ないです。

といっても、まだ「読み物」として捉えられない人がいると思うので、今日は少年ジャンプの全作家さんが束になっても敵わない規模のストーリーの一部をご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

星空キネマ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、友人から僕の絵本のストーリーについて、もろもろ質問をいただきました。

そこで、「あれはこうで、これはこうなって、そこは◯◯になる」という話をしたら、「そういうストーリーだということを、皆、知ってるの?」と訊かれ、そういえば(以前、動画ではお話ししましたが)テキストでお話ししていないので、今日は絵本のストーリーの一部をお話しします。

さて。

たとえば僕は、宮崎駿さんの晩年の作品が好きではなくて、『カリオストロの城』や『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』が好きなんですね。

宮崎駿さんに限らず、ほぼ全ての作家さんに通ずることですが、若い頃に作られた作品の方が好きなんです。

語弊を恐れずに言うと、晩年の作品は説教臭くて嫌いなんです。

となると、西野亮廣の作品もいずれ説教臭くなることは明白で……てなわけで、25歳の頃に一生分の作品のプロット(ラフ原稿)を書いてみました。

つまるところ今は、25歳の西野亮廣が書いたプロットを順々に形にしていっている状態っす。

絵本においては、「あの星で、あれが起こったから、この星でこうやった」といった感じでストーリーが全て繋がっていて、基本的には、とある50年間の宇宙を一個作っています。

処女作は、世界中の人が眠った時に見る「夢の脚本」を描いている作家「Dr.インク」が登場す?『Dr.インクの星空キネマ』という作品ですが、「Dr.インク」は、また、別の作品で登場しますし、『えんとつ町のプペル』は全20話のうちの、ただの「第4話」っす。

月額1000円の『読み物』として、面白がっていただけると幸いです。

『グリンゴ』

グリンゴ/THE・人生バンザイズ

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました