『西野亮廣エンタメ研究所』の忘年会

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
『西野亮廣エンタメ研究所』の忘年会

2018年11月13日

こんにちは。

「スピニングバードキックの良きタイミングでストップボタンを押したら、春麗のパンティが確認できるかも」と淡い期待を抱いた思春期を過ごしたことで有名な西野亮廣です。

さてさて。

明日のブログでも発表しようかと思いますが、最新刊『新世界』の発売前重版を受けて、僕のビジネス書の累計部数が『50万部』を突破しました。

あと、『バカとつき合うな』『新世界』『ほんやのポンチョ』の三ヶ月連続リリースの合計発行部数が、当初の目的であった『30万部』を突破しました。(更に上を目指します)

アンテナを立てていない人に向けた最も効果的な宣伝は「売れていること」で、つまるところ「数字」です。

逆説的ですが、多くの人は“売れているモノを買う”ので、とにもかくにも、多くの人が買いたくなるぐらいまで売れることが大切です。

無事に「ビジネス書×芸人」の枠は押さえさせてもらい、最新刊『新世界』でもって、「炎上して叩かれる芸人・西野亮廣」の時代は終わると思います。

つまるところ、「世間に誤解されている西野」を真ん中において、「世間は何も分かっちゃいない!」という結束感でコミュニティー(サロン)を一つにまとめるのは、もう不可能なので、僕らはとっとと勝ちパターンを捨てて、次のステージに進まなきゃいけません。

これから1万2000~3000人を一つにまとめる為に必要なのは、「嫌われ西野」ではなくて、「手に負えない宿題」で、その一つが『えんとつ町のプペル美術館』を中心に置いた『えんとつ町作り』だと思います。

町を作る過程のイチイチに、「これどうする?」「ピンチじゃね?」という問題が僕らのもとに降りかかってきて、その問題を協力して解いていくことで、僕らは一つになっていくのだと思います。

なので、僕が「手に負えない宿題」をサロンに投下した時は、そういう狙いがあると思ってニヤニヤしといてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『西野亮廣エンタメ研究所』の忘年会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月26日~30日まで、東京キネマ倶楽部で『天才万博』があるのですが、28日は『天才万博』のスピンオフ企画として、『天才万博~西野亮廣エンタメ研究所大忘年会~』をしたいと思います。

【関連記事】『天才万博をまだ知らない人へ』

天才万博をまだ知らない人へ ※2019出演者情報更新 | わいざん公式サイト
キングコング西野亮廣発案、主催ホームレス小谷でお届けする年末の音楽フェス。お客さんが主役となって盛り上げる空間は他の音楽フェスとは違う多幸感が味わえます。2019年は12月26日~30日の5days。出演者情報更新中。

28日だけは、ステージの上も下もサロンメンバー。

忘年会の余興として、ボクは苦手なダンスを一生懸命練習して、めいっぱい踊ります。

忘年会の余興らしく『USA』を踊ります!

マネージャーの須藤くんは忘年会の開会宣言(オープニングアクト)として、熱唱します。

今、「松山千春」か「徳永英明」のどちらかで迷っているらしいです。

基本的にボクは客席で酔い潰れているので、気軽に話しかけてください。

※白ガムテにサインペンで書くだけでもいいので、名札(ニックネーム)があると、会話が弾みやすくなるかもしれませんね(*^^*)

「あ。アイツも忘年会に参加するんだ」と分かっていた方がイイと思うので、12月28日の『天才万博~西野亮廣エンタメ研究所大忘年会』に参加される方は、この記事のコメント欄に、番号と名前を記入してください。

【記入例】

1.西野亮廣

(次にコメントする人は↑をコピペして、自分の名前を追加)

1.西野亮廣

2.ホームレス小谷

…こんな感じで宜しくお願い致します。

『天才万博~西野亮廣エンタメ研究所大忘年会~』の参加チケットはコチラから↓

http://tensaiexpo.thebase.in/items/9429256

よろー。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました