本を売った先の“落としどころ作り”

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年11月18日

おはようございます。

次に5日程度しか店を開けず、海外で遊び呆けているスナック『Candy』のママが、「今月の売り上げ厳しいんです……」と頭を抱えていて、今年1番の「そりゃそうだろうよ!」をブチ込んだ西野です。

僕が考える【スナック『Candy』(五反田店)の経営が苦戦している原因と改善策】は以下の通りです。

【原因①】まともにお酒を売っていない

【改善策】お酒を売ればいいと思う

【原因②】スタッフのやる気がない

【改善策】やる気を出せばいいと思う

【原因③】そもそも店を開けていない

【改善策】開ければいいと思う

【原因④】社長とママが店をほったらかしてパラオに行く

【改善策】パラオに行かなかったらいいと思う

【原因⑤】社長が働かずにイルカに乗っている

【改善策】イルカから降りればいいと思う

これを受けて、ママが出した答えがコチラ↓

今月、スナックキャンディ五反田店の売り上げが最低を叩き出して死にそうなので、支援お願いします。
会ったときに全力でお礼を言わせてもらいます。支援された方は直接声をかけてください。を支援のおかえしとして受け取ることができます。

#このまま事業計画とか立てずに邁進してほしい

#来月もイルカに乗って欲しい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何の為の本なのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さすがに、お気づきだとは思いますが最新刊『新世界』は自分の考えを嘘偽りなく綴りつつも、裏テーマは「『西野亮廣エンタメ研究所』のCM」でして、つまるところ、「読み物として成立している本気のチラシ」ですね。

一発ヒットの印税なんて、翌年の税金の支払いが悪戯に膨れ上がるだけなので、印税は放棄して、広告費に回して、毎月コンスタントに入ってくる収入(僕の場合だと絵本や美術館の制作費)をとりにいっています。

「本を出した」「出した本が売れた」の次のステップの、「出した本が売れたことによって、どうなるの?」という落としどころをデザインしておくことが大切で、『オンラインサロン』や『自分の会社(サービス)』を持たない著者は、「ファンになってもらう」しかありません。

クリエイターとして生きていくのならば、「本を作って、売る」だけでなく、本を売った先の“落としどころ作り”と向き合うことから逃げちゃダメで…

たとえば、

200万部超えの大ヒットとなった『キミたちはどう生きるか』を描いた漫画家の羽賀翔一さんは、あのやり方だと“本のヒットがファンの獲得に繋がっていない(作品と作者が紐付いていない)”ので、来年あたりから、クリエイターとしては、かなり厳しい生活になると思います。

本を作るのは大変だし、作った本を売るのはもっと大変です。

そのことに気を奪われて「ファンを作ること」をおろそかにしてしまうと、必ずどこかで活動がストップしてしまいます。

浮き沈みが必ずある水商売の世界で、沈んだ時に支えてくれるのは「ファン」なので。

ちなみに『革命のファンファーレ』は、すべてのクリエイターに向けた「君たちはどう生きるか?」です。

そんなこんなで、今夜はスタンダードブックストア心斎橋店で夜21時過ぎからサロンメンバー限定の交流会。

参加されるかたは、こちらのクラウドファンディングの500円のリターンにご支援ください。

では、のちほど!

#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 【えんとつ町のプペル美術館】をつくりたい! by キンコン西野  │SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
キングコング西野の地元・兵庫県川西市に『えんとつ町のプペル』の世界を忠実に再現した美術館をつくって、川西市を盛り上げたい

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました