『紙の本』の価値

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
『紙の本』の価値

2018年12月5日

こんにちは。

コンビニでチクワを買ったら、レジ機に何故か「20歳以上ですか?」と年齢確認をされて、『YES』を押した直後に、隣のレジだったことに気がついた西野です。

隣のレジに並んでいたオジサンに会釈をされました。

今朝、たしかに記事を投稿したハズなのに、反映されておらず、せっかく書いた長文が丸々無くなっていて、絶望の中、リベンジしております。

さて。

ありがたいことに本を出版する機会に恵まれ、今後も本を出版し続けていくと思うので、ここらで『紙の本』の価値についてあらためて考えてみたところ、一つの仮説に辿りついたので、今日は、そちらを皆様に共有します。

実に「西野っぽい」仮説です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『紙の本』の価値はどこだ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

YouTubeやSNSでレビュー(内容&感想)があがっている上に、加えて僕の本は撮影&コピペ全然オッケーなので、『機密性』という点では、昔の紙の本に比べで、現代の紙の本は価値が下がっていると思います。

「持ち運び」という点では、やっぱり電子書籍に軍配が上がってしまいます。

となってくると『紙の本』の価値(アドバンテージ)は何なのでしょうか?

僕は以下の3つかなぁと思いました。

①マインドシェアをとれる

②途中から読みやすい

③スマホを奪わない

…順に説明します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

①マインドシェアをとれる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たとえば、『新世界』を鞄から取り出す時に、読者は一瞬、キングコング西野のことを考えます。

これが、電子書籍だと、そうはいきません。

紙の本を持ってもらうことで、“キングコング西野のことを考えてもらう時間が増やせる”わけですね。

これは紙の本の大きなアドバンテージだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

②途中から読みやすい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たとえばFacebookに投稿された3万字の文章を読んでいて、一旦スマホを閉じて休憩してしまうと、続きを読む時には、さっき読んでいたところまで延々スクロールしなくてはなりません。

これか紙の本だと、一旦閉じる際に、折り目か『しおり』を挟んでおくと、続きを読む時に、さっき読んでいたところがパッと見で分かるので、スクロールする必要などありません。

当たり前すぎて、流しがちですが、紙の本は途中から読みやすいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

③スマホを奪わない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

紙の本は、本を読みながら、LINEを打つことがでにます。

読んでいる途中に気になったページを写真に撮って、Instagramにアップすることもできます。

これが(スマホの)ネットニュースに投稿された文章だと、そうは行きません。

お目当ての女の子からLINEがきた時に、一旦ページを閉じなきゃいけなくて、再開時には地獄スクロール。

紙の本はスマホを奪わないから最高です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上のこと(とくに②と③)を踏まえて、ボク、面白いことを思いついたんです……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「大ヒット中の『新世界』をネットて全ページ無料公開しても、売り上げが落ちないどころか、売り上げが伸びる」という仮説です。

全ページ無料公開されたビジネス書を読みきるまでの3~4時間(読むのが遅い人は1日~2日)スマホ開きっぱなしはさすがにありえなくて、途中まで読んで、また続きを読もうと思ったら、さっき読んだところまで延々とスクロールしなくちゃいけない。

こうなってくると、読み手の心の中にある選択肢は二つだと思います。

「面倒くせーから、読むのをやめる」

「面倒くせーから、紙の本を買う」

読むのをやめてもらえればネタバレしないし、

買ってもらえれば万々歳。

どちらに転ぼうが、売り上げが落ちることはない(その可能性は極めて低い)。

一番面白いのは、「売り上げが落ち着いた頃にやる」ではなくて、「ヒットしている最中にやる」だと思います。

どう思います?

「どう思います?」と何も、もうボクの中で答えはまとまっているんだけども(^o^)v

仕掛けてやろうと思います。

【追伸】

さっき、幻冬舎の舘野さんと話してて、28日の忘年会の余興で生まれてはじめてラップに挑戦するんだって(^o^)v

『純恋歌』

皆、歌を覚えて、客席からサポートしてあげてネ!ボクも客席で熱唱する!!

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました