『バーベキュー型エンターテイメント』の問題点

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。

バーベキュー型エンターテイメント

2018年12月16日

おはようございます。

マネージャーの須藤君から「西野さんお疲れ様です。吉本興業の方で予約をとってた『ほんやのポンチョ』のサイン本のことをすっかり忘れていました。本日、『ほんやのポンチョ』754冊にサインを入れていただけますか?」という爆弾をブチ込まれたキングコング西野です。754冊です。

さて。

今日は、『今、僕らがおかれている状況と、その向き合いかた』について、サロンメンバーの皆様と共有しておきたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バーベキュー型エンターテイメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プロが作ったモノを、お客様にお出しするモノを『高級レストラン型』として、

お客さんが、自身の食べたいものを作るモノを『バーベキュー型』としたならば、現代求められているのは、明らかに「バーベキュー型エンターテイメント」です。

『バーベキュー型』は、よく耳にする「インタラクティブ(参加型)」の更に進化系で、チームラボの作品を「インタラクティブ」とするのなら、チームラボの作品をお客さんが作っている状態が『バーベキュー型』ですね。

なんとなく、わかりますよね?

バーベキュー型エンターテイメントを生んだのは、まず間違いなくSNSで、「もっとも“ドヤれる”投稿は何か?」を突き詰めると、「昨日、サグラダファミリアを見に行った」よりも「昨日、サグラダファミリアを作った」になるわけですね。

「純度100%のお客さん」をやるよりも、「作品制作に参加したお客さん」の方が、お客さんとしての満足度が高いわけです。

ここまでお話しすると、「お金を払って働く」の説明がつくと思います。

(#さすがベストセラー作家)

面倒クセーので自分で言っちゃいますが、日本のエンタメ界だと「西野以前と西野以降」で大きく流れが変わって、僕より先輩に「お客さんがお金を払って働いています」と言うと、だいたい「搾取じゃん!」「宗教じゃん!」と返ってきます。

そういう時は、「たとえば、バーベキューは、お金を払って働いてませんか?」とお伝えすれば、「う、うん、でも、まぁ…」と失速していただけるのでオススメです。

そんなこんなで、今、僕らは『バーベキュー型エンターテイメント』の初日に立ち会っているわけですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『バーベキュー型エンターテイメント』の問題点

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『バーベキュー型エンターテイメント』には、二つのパターンがあります。

それは、そこに参加している人の種類です。

【パターン①】

その空間にいる人=プロ+制作に参加するお客さん

【パターン②】

その空間にいる人=プロ+制作に参加するお客さん+純度100%のお客さん

パターン①の場合は、少々、肉を焦がしてしまっても、変なタイミングでヤキソバを投入しても問題ありません。

結局、食べるのは自分達なので、むしろ、多少のドジがエンタメとして機能します。

やっかいなのは、パターン②で、コチラには何の事情も知らない純度100%のお客さんが混じっているので、そこでのドジは面白がられません。

そして、パターン②で起こる事故のほとんどが、『内輪ノリ』です。

会議で自分達だけが盛り上がっちゃって、「純度100%のお客さん」の目線がゴッソリ抜け落ちて、結果、素人のオジサンが考案した謎の演出がブチ込まれたりします。もちろん、地獄です。

僕は、講演会を主催する権利をお渡しすることが少なくないのですが、以前、僕の講演前に「スタッフ(制作に参加しているお客さん)の誕生日のサプライズを、お客さんの前でやる」という大地獄演出が慣行されました。

もちろん、純粋に『西野亮廣講演会』を観に来た人からすると、「は?…これ、何を見させられてんの?」です。

そうなることぐらい考えたら分かりそうなものですが、イベント運営の当事者になると、どうやら、そこの他者目線が見事に抜け落ちてしまうそうなんです。

なので、バーベキュー型のエンターテイメントに携わる方は、「自分は盛り上がると他者目線が抜け落ちる人間だ」という前提で、エンタメに向き合われるといいかもしれません(*^^*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それと、もう一つ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

素人イベントで、糞みたいなアイデアが採用されてしまう背景には、「スタッフ全員が、それを糞アイデアだと気づいていない」というのもあるかもしれませんが、一方で、「なんなか残念なアイデアだけど、でも、あのアイデアを出してくれた◯◯さんは今回メチャクチャ頑張ってくれたから、採用しとこう」という優しいリーダーの判断もあるかもしれません。

結論から言うと、それはリーダーの「優しさ」ではなくて、「逃げ」です。

頑張ってくれた◯◯さんのアイデアを切ってしまうと、自分がネガティブな印象を持たれてしまうから、それを避ける為に、糞アイデアを採用して、お客さんを殺すという最低な行為です。

『バーベキュー型エンターテイメント』のリーダーに立候補するのであれば、「断腸の思いで切り捨てなければならないこともある」ということは踏まえておかれた方がいいと思います。

『バーベキュー型エンターテイメント』は、「どこからどこまでを自分が担当するのか?」などなど、まだまだルールがフニャフニャです。

たくさん話し合って、そこから一緒に作っていきましょう(*^^*)

【追伸】

今日は14時45分から、なんばグランド花月(大阪)一階でプチサイン会がございます。

僕の書籍をご購入くださった方が対象です。

お時間あれば是非。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました