ヒットのカラクリ

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
「このまま、釣り堀で釣りをするのか?」

2018年12月17日

おはようございます。

よくよく考えてみたら、『コッドタン』や『アメトーーク!』に出させてもらった時は、「やめてくれ!」と「ごめんて!」の二つしか言っていない気がしているキングコング西野です。

昨日の『バーベキュー型エンターテイメント』の記事で、「バーベキュー型には、①『プロ+制作に参加するお客さん』と、②『プロ+制作に参加するお客さん+純度100%のお客さん』の二種類の空間がある」と書いたところ、サロンメンバーさんから「イベントを作る時は、事前に、『今回のイベントが①なのか?②なのか?』を全員で共有しておいた方がいいですね」とコメントがあり、なるほどなるほど。そりゃそうですね。

ちなみに、『サーカス!(世界で一番楽しい学校)』は②です。

さて。。

先日の『ニシノコンサル』の収録で、幻冬舎の箕輪さんと「このまま、釣り堀で釣りをするのか?」という話で盛り上がりました。

もちろん、『釣り堀』というのは喩えです。

僕は、たくさん本を出させてもらっていて、さすがに皆様もお察しかもしれませんが、ぶっちゃけて言うと、「あそこに、あの感じのモノで投げると、10万部ぐらいは売れる」という確かな手応えを感じています。

現在20万部を突破した『バカとつき合うな』(堀江貴文×西野亮廣)が売れることは見えていて、でもそれって、これまで自分達が開拓してきた層が買ってくれているわけで、そこで思うのは「たしかにヒットしたけど、これ…ボク、前に進んでる?」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒットさせることも超大事だけど…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒットを飛ばし続けていないと説得力が無くなるので、作品をヒットさせることはとても大切なのですが、すでに開拓した層に買ってもらう作品は、悪く言ってしまえば『ファングッズ』で、ファングッズのヒットは「前進」とは呼べません。

くれぐれも言っておきますが「『バカとつき合うな』は面白くない」という話ではありません。

「ターゲットをどこに絞っているか?」という話です。

『バカとつき合うな』は執筆前(厳密に言うとインタビュー前)に、編集のサイさんと、ライターの鮎川さんと何度も話し合って、堀江さんと僕がすでに押さえている層(+話題で買ってくれそうな層)をグラフ化して、そこをめがけて確実にヒットを狙いにいったので、釣り堀で釣りをしている感覚に近いです。

『新世界』は僕のオナニーで、新たなファン層を開拓してくれたのは『ほんやのポンチョ』だと思います。

新作を発表する時は事前にスタッフやサロンメンバーと「新作の目的」を共有しておいた方がいいかもしれません。

こんな感じです↓

①『バカとつき合うな』

【目的】とにかくヒットさせる。

②『新世界』

【目的】オナニーを見せて、「西野亮廣」という人に興味を持っていただく。

③『ほんやのポンチョ』

【目的】ファン層の新規開拓

①も②も③も重要なんだけど、どれか一つに偏ってはダメで、①と②と③を、バランスよく発表していくことが大切なのだと思います。

もちろん、①「ヒット」が、②「作者に興味を持ってもらう」や③「ファンの新規開拓」を兼ねている場合もあるのですが、必ずしもそうとは限りません。

たとえば、(以前もお話ししましたが)200万部を超えた『キミたちはどう生きるか』の作者の名前を言える人が、ほとんど存在しないように。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒットにかまけるな

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大切なのは「ヒットのカラクリを知ること」で、いつでもヒットさせられる身体を手にいれたならば、①は2~3回に一度ぐらいにしておいて、覚悟をもって②や③に手を出していかなきゃいけないのだと思います。

ちなみに『えんとつ町のプペル』の後ということもあって、当初、『ほんやのポンチョ』の初版部数は「7万部」という話になっていましたが、『ほんやのポンチョ』は明らかに③の作品なので、初版部数を下げてもらいました。

作家が出版社に「初版部数を下げてください」とお願いするのは極めて希なケースだとは思いますが、「刷りすぎてしまった」となると、作家の信用に関わってくるので、そこは冷静に。

次回作の『チックタック~約束の時計台~』は①と②の両方だし、例の大物アーティストさんとのコラボもあるので、初版10万部でもいいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・作品の結果を『数字』だけで見てはダメ

・その作品の『狙い』と『数字』の両方を見ましょう

・狙いが当たっている作家はスゲエ

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました