不老不死の資本

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。

2019年10月21日
━━━━━━━━━━━
こんにちは。
勢いで走り出したものの、3か月後に約2万人キャパの舞台をするのは、やっぱりどう考えても
確実に死ぬんじゃないかしら?と思い始めているキングコング西野です。生きたいです。

さて。
ここ最近、あらためて『資本』について考えています。
(※以前、似たような話をしましたが、もう少し解像度を上げて、お話します)
説明するまでもないですが、『資本』というのは、品の無い言い方をすると
「お金を生んでくれるモトとなるもの」のことです。

ちなみに、僕たち芸人の『資本』は『身体』です。
資本となる身体を削って、パフォーマンスを披露し、お金を頂いております。

そこで頂いたお金で、ご飯を食べて、栄養をとって、
お洋服を買って、身なりを整えて、家を借りて、ゆっくり休んで、
お金を生む為に削った身体を翌朝までに回復させます。

これが芸人の基本的な生活なのですが、ここには問題が一つあります。
なんと、僕たち芸人は資本を削ってお金を作って、そこで作ったお金を使って
「削った資本を元の状態に戻しているだけ」で、昨日よりも資本が増えていないんです。

つまり、働いても働いても芸人の資本である『身体』は一体のままで、
二体…三体…と増えないんですね。
(※多少の貯金は増えますが、話がややこしくなるので一旦忘れてください)

「毎日、楽しいことをして生きる」をゴールにするのであれば、これでも
構わないのですが(立派な生き方だと思います)、
ただ、「エンターテイメントで世界を獲る」をゴールにするのならば、
やっぱり『資本』が増えないことには話にならんのです。

そんなこんなで、世界を獲る為には…
「西野亮廣の時間は『自分の身体以外の資本』を生産することにしか使っちゃダメだ!」
という結論になっちゃいまして、ここ最近あらためて『資本』と向き合っているわけです。
大切なのは、今、自分が向き合っている仕事が…

①資本を削っている
②資本を作っている

の、どっちであるかを把握しておくことで……たとえば、テレビ出演は、自分の身体(時間)
を切り売りしているので、資本を削っています。

YouTubeはアーカイブが仕事をしてくれるので、「資本を作っている」と言えるでしょう。
ただし、再生回数の伸びは時間の経過と共にブレーキがかかるので(寿命があるので)、YouTuberは、
自分の資本(身体、時間)を削って、新作を作り続けなければなりません。

商品としてイカついのは、『赤福』や『国語辞典』や『明治神宮のおみくじ』で、コイツらは5年後も
10年後もペースを落とすことなく価値を生み続けてくれます。不老不死です。

共通点は「そもそも、人の流れがあるところに商品を配置した」といったところでしょうか。
『絵本』もそこのポイントは押さえていて(だって、毎年、子供は生まれてくるから)、あとは、
世界の絵本の定番さえ押さえてしまえば、まずはエンタメ世界戦で1勝できると思います。

関連グッズや、ミュージカルを含めると、2~3勝はいけるでしょう。
『定番ミュージカル』もまた不老不死の資本です。

「人気番組に出れた。やったー!」とか「ギャラが100万円だ。やったー!」とか言っている場合じゃなくて、
世界を獲る為には、「資本を削っているor資本を作っている」や、「作ろうとしている資本の寿命」
に目を向けるべきで、ここは何度も反芻して『癖』にしておかないと、すぐに忘れてしまいます。

皆さんも一度、「自分はどうだっけ?」と考えてみてください。
ちなみに僕は、これからたくさん練習して、年末の大忘年会『天才万博』(12月27日)で「ラブ・レボリューション」
を踊るのですが、これは、お金を払って、資本(身体と時間)を削って、何も生み出していない「シンプルに無駄な時間」です。

応援宜しくお願い致します。
出番終わりは一緒に呑みましょう。
現場からは以上でーす。

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました