僕らは一人で生きているわけじゃない

人気ブログランキング

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
人気ブログランキング

ニュースランキング

この記事は1年前のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の過去記事です。

2020年3月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
コロナの影響で週末は外出自粛要請がかかっていたけど、ウイルスに「週末」や「平日」とかいうルールなんてあったっけ?と思っているキングコング西野です。

さて。
今日は『お客さんを全力で守った方がいい理由を【損得勘定】で説明してみる』というテーマでお話ししたいと思います。

こんな時期にオンラインサロンなんてものを運営していると、やっぱりサロンメンバーさんの生活が気になって、僕がお手伝いできることを探し、片っ端から実行していく毎日です。
(※同時に本業の方も進めているので御安心ください)

ウイルス研究者ではないので、そっちの方はお手上げなのですが、経済活動に関しては結構得意なので、連日、実験を繰り返しながら、「美容室は今、こういうものが商品になりますよ」「お客さんを呼べないスナックは、こういう形で収益を作れますよ」というような実験結果を4万2000人のサロンメンバーさんに共有しています。
経営者さん(および経営脳がある人)であれば、「なるほど。そのやり方を少しイジれば、ウチでも使えるな」と考えていただけると思って。

ノウハウの共有と同時に、具体的に金銭の支援をさせていただいている方々もいます。

そして、そんなことを繰り返していると、「お客さんを守るなんて、いい人ですね」と言われたりします。

西野亮廣が「いい人」であることは間違いないのですが、「いい人だから、お客さんを守っている」となっちゃうと、「いい人以外は、お客さんを助けない」となってしまいます。

「皆で助け合える世界の方が面白いじゃん」と思っている僕からすると、その結論はあまり嬉しくないので、今日は、『お客さんを全力で守った方がいい理由』を【損得勘定(※感情は一切抜き!)】で説明したいと思います。

僕はよく「全員を勝たせた方がいい」と言っているのですが、その理由を、今だからこそ、もっと分かりやすく、もっと簡単に説明します!

※昨日の記事の続きなので、昨日の記事を読まれていない方は、先にそちらをお読みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お客さんを守った方が得をする
━━━━━━━━━━━━━━━━

話を分かりやすくする為に、めちゃくちゃアホな算数で説明します。
※アホなので、細かい指摘は一切受け付けません。

あなたは「魚屋さん」で、食品やら、家賃やら、諸経費もろもろ入れて、『1日100円で生きられる世界』に住んでいたとします。

あなたの店では、お魚が一匹100円で売られていて、1日平均「2匹」が売れて、毎日200円があなたの元に入ります(※アホ算数なので「仕入れ値」や「税金」は、ただちに忘れてください)

1日200円の収入のうち、100円が生活費にまわり、残り100円が可処分所得(自由に使えるお金になります)。

あなたの店の常連さん「小谷さん」は、毎日、あなたの店で魚を一匹買ってくれます。
つまり、あなたの生涯可処分所得は「小谷さん」が作ってくれています。

生涯の可処分所得なので、1日100円、1ヵ月で3000円、1年で3万6000円、10年で36万円、30年で100万円以上です。

ある時、小谷さんが風邪で倒れて、入院してしまいました。
小谷さんが経営しているステーキハウス「いきなり小谷」は大人気店(ニーズがある!)なのですが、小谷さんが退院するまで、お休み。

ところが、どうやら小谷さんの入院は1ヵ月かかるらしく、1ヵ月も店を閉めてしまうと「いきなり小谷」は潰れてしまいます。

ここは『1日100円で生きられる世界』なので、この1ヵ月で小谷さんには3000円が必要なのですが、お店を閉めている小谷さんには、それを支払う体力がありません。

あなたの生涯可処分所得を作ってくれているのは、小谷さんです。
そして、小谷さんは「いきなり小谷」の売上で、あなたの可処分所得を作ってくれていたので、「いきなり小谷」が潰れると、あなたの生涯可処分所得はゼロになります。

この時、あなたに残された選択肢は以下の2つです。

①「いきなり小谷」を見捨てて、生涯可処分所得を捨てる

②「いきなり小谷」に3000円を寄付して、一ヶ月後から死ぬまで100円ずつ貰い続ける(=30年で100万円以上貰える権利を3000円で買う)

…どう考えたって、②の方が得しません?
ていうか、このシチュエーションで①を選ぶ奴、変態すぎるだろ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 僕らは一人で生きているわけじゃない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こうして、お金の流れ(経済活動)を可処化すると、「お客さん」が自分の一部だということが見えてきます。

「お客さんを守らない」というのは、自分の腕や足を切り落とす行為で、苦しむのは自分です。
お客さんを守ることにどれだけコストをかけようが、格安です。

自分のリソース(お金や時間)に、まだ余裕があるのであれば、それは「お客さん」に使うべきで、悲鳴を上げている「お客さん」を後回しにしてリソースを貯めこめば貯めこむほど、あなたの店の売上が落ちます。
経済活動は複雑に絡み合っていて、僕らは一人で生きているわけじゃないんですね。

なので、目の前で困っている人がいたら、助けた方が得です。

昨日、今、新型コロナウイルスで大きな大きな打撃を受けているブロードウェイチームを応援する動画をYouTubeにアップしました。

キングコング西野からキミヘ

動画の最後にワンコイン(500円)の寄付ボタンを作ったところ、今朝7時の時点で、1645枠分購入されていて、『82万2500円』が集まりました。

ご協力いただき(シェアも含め)本当にありがとうございます。
このお金は全額ブロードウェイチームに寄付させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ ブロードウェイチームの皆様へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━

YouTubeで集まった収益は、この後、株式会社NISHINOから送らせていただきます。

そして、このお金は「活動費」ではなく、「生活費」に使ってください。
心と身体が資本です。
どれだけ才能があっても、倒れてしまったら、作品は生めません。

「活動費」は別で支援させていただきます。

作品で返していただけると嬉しいです。
必ず感動させてください。

ブロードウェイミュージカル『POUPELLE OF CHIMNEY TOWN』の幕は必ず上げましょうね😃💕

応援しています。

現場からは以上でーす。

「無料化」を拒むクリエイターが存在する理由-西野亮廣

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました