西野亮廣がCAMPFIREと決別しシルクハットを立ち上げた理由とレターポット×しるし書店

この記事は1年前の西野亮廣エンタメ研究所の記事です。
2018年4月10日

レターポットでのお悩み(ビジネス)相談については、相手が『レター』というコスト(有限の文字)を僕に払ってくれているのが分かるので、なるべくお答えするよくにしています(「なるべく」ですよ)。

そんな中、昨日、「やる気に満ち溢れている中、企画が頓挫した。ツライっす」という相談を受けて、自分もあるなぁと思ったわけです。

最近だと、2017末にあった『エクソダス事件』

(詳しくは、当時のブログ《下に添付してください》をご覧ください)

しるし書店』の次に仕掛けようとしていたのが『おとぎ出版』で、いつでも幻冬舎や家入さんと一緒にやれるスタンバイをしていたので、

あれに関しては、「腹が立った」というよりも、「え?僕たち一緒に走るんじゃなかったの?」という寂しさの方が勝っちゃった。

ただ、まぁ、いつまでも凹んでいるわけにはいかないので、その夜には「自分でクラウドファンディングを作る」ということを決めた。

つまるところ、CAMPFIREとの決別だ。

5年前から、とにかくCAMPFIREの宣伝を続けてきて(たぶん一番貢献したと思う)、これからも家入さんを勝たせようと思っていたけど、あの一件で、それが叶わなくなった。

ただ、今思うと…

あんなことでもない限り、一介のタレントが「クラウドファンディングを作ろう」なんて思わないわけで、自分の人生においては、かなりプラスに働いた。

このオンラインサロンに入っている人はもうそろそろ僕の性格を把握されているかもしれないけれど、

「クラウドファンディングをやるなら、もちろんトップをとりにいく」

というのが僕でして、そこから逆算して、「1年でCAMPFIREを超えるには…」と考えて、『吉本興業×クラウドファンディング』という答えに行き着いた。

すぐさま吉本興業社長に直談判をして、吉本芸人のクラウドファンディングを解禁してもらった。

あの事件の翌朝の話だ。

「クラウドファンディング上で芸人が仕事を取りに行って、その手数料をクラウドファンディングを運営する吉本興業に入れる」という流れは、これまでの芸能事務所のあり方を、そして芸能の歴史を大きく大きく変える出来事だと思う。

絶対NGとされていた所属タレントの闇営業(直営業)をオンライン上でオッケーにするのだから。

それもこれも、あそこで企画が頓挫したから生まれたわけだ。

無駄なことなんて一つもなくて、無駄なことがあるとするのであれば、それは自分自身が無駄にしてしまっただけの話。

失敗も料理すれば、ご馳走になる。

チャップリンの言葉が好きです。

『Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.』

(人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ)

【考える西野】

『レターポット×スナック「キャンディ」』は、かなり上手く機能している。

代理ママをお願いするのは“信用度の高い人”がいいよね~という話になり、キャンディで代理ママがやれる条件は、『これまで1万レター以上貰っている&レターポット運営に1000レター以上のレターを贈る』となっている。

1万レター以上貰っている人は、「皆の信用を裏切れない」というバイアスがかかっているので、店を安心して任せられるし、くわえて、集客にも苦戦しない。

レターポットが『尺度』として、かなり機能しているイメージ。

さて、お次は『レターポット×しるし書店』だ。

こちらは、どんな絡め方が面白いかなぁ。

今の機能のままやれるのは、

①円+レターで“しるし本”を買ってもらう。

……販売時に、日本円で値段を付けた上で、+アルファの条件として「500レター以上の感想を贈ってくださる方に限る」とする。

②販売時に、条件として「これまで(たとえば)5000レターを貰った人にしか売らない」とする。

ウルトラCとしては…

③システムをイジッてしまって、販売時に「日本円販売orレター販売」を決めれるようにする。

……この場合、レターで売買されると運営には1円も入らない(どうする?)。

あと、レターで販売するメリットを作らなければならない(なんだろう?)。

うーん、面白い答えを思いつきたいな。

そして、思いつく気しかしない。

西野亮廣エンタメ研究所の使い方はこちら

入会ページのリンクはこちら

西野亮廣エンタメ研究所ってどんなとこか
まとめている記事があるのでまだ入ったことない人はチェックしてみてね。
↓↓↓
西野亮廣のオンラインサロンってどうなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました