損切りのセンス

人気ブログランキング

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
人気ブログランキング

ニュースランキング

この記事は1年前のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の過去記事です。

2020年3月29日
━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
「ボクとキミの形が違うのは穴を埋め合うためだ」と僕が言うと、途端にスケベに聞こえてしまうキングコング西野です。

さて。
連日、新型コロナウイルスのネガティブニュースが流れてきます。
基本的に僕が「起きちゃったことは仕方がない」主義者というのもありますが、「状況をキチンと整理して、冷静に対応すれば、乗り越えられない壁じゃない」と思っていますので、今日は、「今、何が起きているのか?」「今、何をやるべきなのか?」を、いろいろ整理していきたいと思います。

今回の記事は、たぶん結構、参考になると思います。
長くなりそうなので、今日と明日で「前編/後編」で分けさせてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 眠っている価値を発掘するチャンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週、スナック『CANDY』(五反田本店)のママのモンちゃんから、「CANDY、しばらく休んだ方がいいっすかね?」と連絡が来たので、「そうだねー。とりあえず2週間ほど休んじゃおう!」と返事をしました。

ただ、「店を閉める=売上が落ちる」という結論は雑すぎるので、ここで、「店を閉めたことによって、売れるものは何があるんだろう?」と考えます。

直後、モンちゃんに「CANDYは、そもそも空間(えんとつ町テイスト)に価値があるんだから、『利用者3人以下』を条件に、1日1万円で貸しきれる権を売りましょう」と伝えました。

『3人以下』としたのは、「狙っている異性を口説く際に二人っきりでCANDY借りたい人の言い訳」を用意してあげる為です。
『2人以下』で販売してしまうと、その権利を買った人が「誰か狙っている人でもいるの?」と突っ込まれる可能性が出てくるので、購入にブレーキがかかってしまいます。

結果、CANDYの1日貸し切り権(1万円)は、2週間分が即完で、ママは無事に生きていけます。

「『店を2~3人で貸しきれる』を販売する」という答えに辿り着いたのは、間違いなく『新型コロナウイルス(大勢だと感染のリスクが高くなる)』がキッカケで、そこから、「ならば、どうすれば?」と考えはじめて、「よくよく考えてみたら、CANDYって、空間に価値があるよね」となったわけです。

昨日、美容室『NORA』さんを応援すべく「ヘアカットの前売券」を20枚買わせていただきましたが、そういえば、月1回髪を切りにいっても、20ヵ月かかるので、『NORA』さんのヘアカットの前売券はサロンメンバーさん(限定20名様)にプレゼントさせていただこうと思っています。

買い物かご | NORA ONLINE SHOP

そんなことを考えていたら、長野で美容室を経営されているサロンメンバーの高橋さん(http://belpa.jp/)が、「NORAさんのヘアカットの前売券を5枚買ったのですが、僕は長野にいて、お店にいけないので、株式会社NISHINOの若手スタッフさんで使ってください」と前売券をプレゼントしてくださいました。
#神かよ

美容室のヘアカットが『ギフト』として販売できることが証明されたわけですね。

今後、『ヘアカットの前売券』は自分用とプレゼント用の二つを用意しておいて、プレゼント用の商品紹介ページには「備考欄に、プレゼントする相手の名前(フルネーム)を必ず記入してください」と書いておくといいと思います。

誕生日プレゼントや、日頃お世話になっている方に「ヘアカット」を贈れる流れは最高っす。
おそらく、今回のコロナちゃんのおかげで、ギフト経済が加速するでしょう。
(※コロナちゃん、あざす!)

話をまとめると、今は、「自分が提供しているサービスの奥に眠っている価値を掘り起こすチャンスである」ということですね。

コロナちゃんがいなければ考えもしなかった、「お? 意外とコレ、売れんじゃん」が、これから結構出てくると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 瞬間の売上が落ちただけで、ニーズが落ちているわけじゃない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは、明日(後編)に繋がる話になるのですが、僕らが絶対に見誤ってはいけないのが、「 瞬間の売上が落ちただけで、ニーズが落ちているわけじゃない」ということ。

ここを見誤って、改善を焦ってしまうと、「もともと存在していたニーズ」が落ちるケースが出てきてしまいます。
人気のハンバーグ屋さんが「風邪がメチャクチャ流行っているので、定番ハンバーグの味を変えます!」とか言い出したら、ワケが分かんないじゃないですか?

ここは、冷静に取捨選択した方が良さそうだなぁと思っていて、今回、コロナで悲鳴を上げているサービス業者は2種類です。

①コロナの影響で店が傾いている人
②コロナの影響もあるんだけど、そもそと、それより前から店が傾いている人

このうち、②はサービス内容および自身の考えを改善した方がいいと思います。
「売り上げ」は勿論のこと、「ニーズ」も落ちているので。

②の人が「コロナのせい」にしたい気持ちは痛いほど分かるのですが、今のサービス内容のまま、どうにかこうにか今回の波を乗り越えても、根本の設計に問題があるので、延命処置でしかありません。
延命できたとしても、自分は確実に年齢を重ねていて(体力が落ちていて)、新しいチャレンジが今よりもできない身体になっているので、延命が裏目に出るリスクは極めて高いです。

勝負師に最も必要な「損切りのセンス」が、ここで出るわけですが、あなたに守る人がいるのならば、「自分の感情を殺して判断する」ということも選択肢に入れておいた方がいいと思います。

話をまとめると、「今回は流行り病なので『売り上げ』と『ニーズ』を冷静に分けて考えた方がいいよ」です。

━━━━━━━━━━━
▼ 明日(後編)の記事は…
━━━━━━━━━━━

明日の記事は、今日のことを踏まえて『お客さんの価値』について、お話ししたいと思います。
「僕らが何故、お客さんを守らなければならないのか?」を、感情を(一旦)抜きにして、簡単な算数で御説明します。

現場からは以上でーす!

【追伸】

ニューヨークチームを応援する動画を作りました。
広告費は微々たるものなので、動画の最後(備考欄)にワンコイン(500円)の寄付ができるボタンを作りました。

「寄付」としてしまうと、いろいろややこしいので、「『西野の御礼メッセージ(約1000文字)』を販売する」という立て付けにしております。

御礼メッセージは、今回の挑戦に対する想い、そして、『御礼メッセージ』を買って支援してくださった方への御礼の言葉です。

最後に、メッセージの冒頭部分だけ載せておきます。
※この収益は今、ニューヨークで戦っている日本人チームに全額寄付させていただきます。

〓〓〓
【御礼メッセージ(¥500)の前半部分】

「どうせ無理だ」

この国はそんな空気に満ちていて、
夢を持てば笑われて、声を上げれば叩かれてしまいます。

歳を重ねた多くの大人は批評家となり、その背中を見て、子供達が育ちます。

一体いつから、こんな国になったのかな?
一体いつから、夢を持つことが許されなくなったのかな?
こんな世界を、こんな窮屈な世界を、
次の時代を生きる子供達に渡すことを、僕らは一体いつから許したのかな?

僕は、やっぱりそれが嫌で、ある時から抗い始めました。

日本中から笑われ、公衆の面前で何度も何度も殴られました。

それでも夢を諦めきれず、一人でジタバタ足掻いていると、

一人、また一人と、自分と同じような目に遭っている同士が現れ………

【御礼メッセージ(¥500)】の 続きはコチラ→https://poupelleny.thebase.in/items/27357370

〓〓〓

西野亮廣エンタメ研究所の入会ページのリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました